生命保険を断捨離したから約款も断捨離です。

SNSフォローボタン

たぶん、きっと、生命保険を契約中だったらぜったいに断捨離しなかったでしょう。

今回、断捨離したのは約款です。

契約した保険に関する大切なこと、保険に関する基本的なこと、いろいろ書いてありますが、ぜんぶ読む人なんていません、よね。

スポンサーリンク

約款が大切な理由って

生命保険の定款、約款、ご契約のしおり

加入した保険の契約内容が書いてあるから、約款はいざというときに必要になるかもしれないものです。

ということになっているんですよね、たしか。

だいたい、保険の内容なんて詳しくわからないまま加入するじゃないですか。

それからたとえば、ガンになって保険金が下りると思ったら、下りない、なんで? というときに約款を読む、みたいな。

そんなイメージのものです、約款て。

だから、生命保険に加入しているあいだは、捨てられない気がしていました。

そして先日解約手続きをしてきたので、約款もいらなくなりました。

連休のあいまの平日に解約手続きをしたから、実際に本社の承諾がおりるのは連休明けの8日らしいですけど。

約款だけで、何冊あるんだよ、どんだけ保険好きなんだよ、という分量の約款に見えますが。

生命保険てふつうに特約をつけるから、1契約につき2冊は約款があるじゃない。

よくわからないけど、7冊も定款だの約款だのご契約のしおりが出てきました。ポイポイ

この手の書類はFitsの引き出しの中に、背表紙を上にしてタテ入れしていました。

約款なんて見ることはないし、引き出しのいちばん奥に入れていました。ナニコノシンソウシンリ

加入していた生命保険を解約できれば、約款なんて保管しておく必要がありませんから断捨離です。

ではまたー。

トップへ戻る