家具の解体にはハイスパイマンを使っています。

SNSフォローボタン

大型家具は自分で解体してきた40代主婦です。

そんなときの相棒は ハイスパイマンP1.4、金属も切れるノコギリ。

今週は久しぶりに大型家具を解体しました。

その名も整体ベッド。

250kgまで耐えられるという剛の者です。

スポンサーリンク

さすが整体ベッド

整体ベッド、マッサージベッド、裏側

当時、1万円ちょっとで購入した整体用ベッドです。

そんなに高級な作りではありませんから、合板をベキッと割って、ギコギコすれば簡単に解体できると思っていました。

ロウヤ、ステラ、整体ベッド、マッサージベッド、裏側

ところが、問題は板にあらず。

ほんとうにやっかいだったのは、ネジです。

ネジがかたいのなんのって。

思えば、これまでわたしが解体したものは、すべて組立家具でした。

購入者が組み立てる家具ですから、ネジを締めたのは夫かわたしです。

そこまでかたくネジが締まっていたことはありませんでした。

それにしても、耐荷重250kgもある整体ベッドはちがいます。

いつもの調子でネジをまわそうとしても、ぜんぜんネジがまわりません。

むしろネジ山がくずれてしまいます。

姿勢を正して、本気で向かい合わないとネジがまわらないのです。

蝶番のネジからして、そう。

そんなかたいネジが、5本、6本、……40本ほどありましてなぁ。

ネジをまわしただけで、筋肉痛になるんじゃないかという40代主婦です。

ささやかな腹筋を使って、気合すら必要と感じました。

しかし整体用ベッドですら、解体すれば45Lゴミ袋2枚におさまってしまいます。

ゴミの処分を安くおさえたいなら、だんぜん自分で解体するにかぎるんですよねぇ。

それにしても想像以上に力を使いました。

いままで自分がどうして手をつけなかったか、わかります。

解体作業って、一気に片づけたいから、気が乗らないと始められなくてね。

でもまさか、こんなにもネジがかたいとは、ですよ。

もちろん整体ベッドを使ったほうが、施術はしやすいです。

でも、いまは夫の身体以外は施術しなくなっていますし。

整体ベッドは断捨離しよう、と思ってから半年以上経ちました。

これでようやく、わたしの整体グッズは断捨離終了です。

あとは身体が覚えていることだけ。

ではまたー。

トップへ戻る