小学校のプール掃除ボランティアに参加しました。

SNSフォローボタン

今年は、小学校のプール掃除に参加することにしました。

中2の娘にいわせると「あんな汚いところに、わざわざ行くの?」

物好きだねー、くらいの反応です。

娘は5、6年のときにプール清掃をしています。

小学校のプール掃除経験者の娘がそんなこというくらい、きったない、のか?

スポンサーリンク

小学校プール掃除になにを着ていくべきか?

dupeデュペ、 ビーチサンダル

小学校からの指示はこうでした。

  • 9時半に会議室に集合。
  • プール清掃のできる服装、履きものを用意。

気になるのは、服装と履きものです。

確実に濡れます。

それから、日焼け対策です。

わたしは水着用のトレンカとハーフパンツを履いていきました。

(トレンカはプールに着いてから、裾をまくりあげました)

上着はUVカットのユニクロパーカーです。

首にはタオル、頭には帽子。

そして、足にはビーチサンダルです。

この季節にビーサンなんて、どこの浮かれている主婦だ、という心の声がありました。

しかし、荷物となる室内用のサンダルとビーチサンダルを簡略化するには、スニーカーを履かずにビーチサンダルです。

この季節にビーサンをはくのは、生まれてはじめての40代主婦。

ほかの人はいったい、どんな格好で小学校のプール掃除に参加しているのか、気になりました。

小学校のプール掃除ファッション観察記

小学校のプール掃除当日。

参加した保護者はわたしをふくめて、15人。

(参加者の中から「去年はこの倍はいたよね」という声が聞こえました)

ちなみに、息子のかよう小学校の生徒数は600人を超えています。

15人のうち、裾まくりジーンズが3人。

レギンスが4人。

クロップド丈のジャージが4人。

その他、という感じでした。ウロオボエ

わたしをふくめて、ほとんどの人が長袖着用。

ラッシュガードと思われるパーカーを着ている人もいました。

履きものはクロックス系サンダルとビーチサンダルが半々でした。

小学校のプール掃除は泥はねする

われわれ保護者群がプールに着いたときには、プールの水はほぼ抜かれていました。

長靴をはいた作業服姿の教頭先生が、排水口と格闘していました。

プールからは、汚れた川のような生臭いにおいがします。

これが娘のいっていた、きったないプール。

念のために、マスクも用意していましたが、マスクをするほどの悪臭ではありません。

小学校のプール掃除は、泥と葉っぱを取り除く作業がメイン。

泥は排水口に流してしまうからいいのですが、問題は葉っぱです。

排水口をつまらせる葉っぱを、泥ごとすくいあげてザルでこして取りのぞきます。

なんという地味な手作業。

(保護者の手伝いがなかった頃は、手のあいた職員総出で午前中ずっとプール掃除をしていたそうです)

プールの水は排水口周辺にたまっている分だけ。

あとは放水して、泥を流しながらブラシでこすります。

だいたい足元15センチくらいまでは濡れました。

そして、気づけばハーフパンツに泥はね。

転ばなければ、わりとふつうの服でもいけると思いましたが、泥はね、水はねで、なんとなーく生臭くなります。

1時間半弱で、保護者によるプール清掃は終わりました。

午後は5、6年生によるプール清掃。

5、6年生はプール清掃をたのしみにしているんですって。

小学校のプール清掃を終えて

プール清掃後には、主任の先生とともに会議室での麦茶配布。

(去年は麦茶のほかにお菓子も出たが、教頭先生が変わって今年はなかったね、という情報)

主任の先生いわく「うちの学校は中庭にプールがあるから、あまり葉っぱが入ってこないけれど、周囲が木々に囲まれた学校はもっと大変なんですよ」

この時期の小学校の先生は、生臭い泥と葉っぱにまみれたプールの掃除をしているそうです。

今回のプール掃除で、いちばん驚いたのは、プールからすくいあげた泥と葉っぱの処理でした。

なんと、主任先生の指導のもと、バケツに入った泥は、プールの塀のすきまから投げ捨てられていきました。

塀の向こうは、体育館の裏になっていて、ふだん人が通る場所ではありません。

いやいや、だからといって、そんな処分方法でいいのか? オドロキ

あとで外側にできたであろう泥の山を回収するのか? ギモン

今後も受け継がれていく泥の処分法なんだろうなァ、と思います。

水の抜かれたプールの底、薄く残った水の上をアメンボたちがススーッとすべっていくのが印象的でした。

ひと足先に夏気分の学校行事です。

娘がいっていたほど、ひどく汚い作業ではありませんでした。

ではまたー。

トップへ戻る