小3息子が右と左がよくわからないんだ、といい出しました。

SNSフォローボタン

小3の息子は右と左をまちがえることがあるらしい。

まえにも、そんな話を息子から聞いたことがあるんですよね。

でも、まあ、そのうちに覚えるだろうと思って、放置していました。

そういえば、娘のときにはこんな遊びをしました。

スポンサーリンク

右手あげて、左手あげて

子供の手イメージ

娘が幼稚園の頃、両手を使った旗揚げゲームをしました。

「右手あげて、左手あげて、左手さげないで、右手さげる」という、あれです。

娘にたいしては、幼稚園のときに「この子、左右がわかってない。まずい」という気持ちになりました。

しかし、小3息子にたいしては、どうだ?

なるほど、第1子には親の心配からいろいろなことをためしたものです。

そんな息子の右と左の問題から、中2娘の東西南北の問題が発覚しました。

娘は北の反対は南とわかっている。

そしたら、自分が北を向いたとき、右が東、左が西、後ろは南。

犬が西向きゃ尾は東。

小3息子の場合は、箸を持つ手が右手、茶碗を持つ手が左手。

鉛筆を持つ手が右手。

小3息子は右利きなので、これで通じます。

右手と左手の旗揚げゲームをして、そのあと、右手と左手であと出しジャンケンをしました。

わたしが右手でグーチョキパーを出したら、息子があと出しで右手で勝てるかたちのグーチョキパーを出すのです。

わたしが左手でグーを出したら、息子はあと出しで左手でパーを出す、というように。

すると、息子、わたしのチョキに弱い。

わたしのチョキに、息子がチョキを出したり、パーを出したり。

あと出しで負けつづける息子に笑ってしまいました。

旗揚げゲームにしろ、あと出しジャンケンにしろ、単純なゲームです。

でもまだ、そういう遊びに夢中になって、勝手に笑いころげる小3息子かわいいな。

息子はまだかわいいな、と真顔で思える40代母です。

息子がかわいいなんて、いまのうちだけ。

そう思ってから何年もたちます。

背は伸びましたが、まだかわいい、まだかわいがれる。

そろそろ、かわいくなくなるんじゃないか、と思うんですけどねェ。

ではまたー。

トップへ戻る