40代母のムダ毛、10代娘のムダ毛。

SNSフォローボタン

先日から、ちまちまとムダ毛の断捨離をしております40代主婦です。

とはいえ、わたしは練習台。

真の目的は中2娘のムダ毛処理です。

人知れず毛深さに悩む10代が、ムダ毛とさよならできたら人生変わるよ。

スポンサーリンク

おのれの毛深さに気づくとき

猫の毛イメージ

わたし自身が自分の毛深さに気づいたのは小学校低学年。

小学2年のときに担任の先生から「意外と毛深いな」といわれて、ひどく傷つきました。

そんな40代母ですから、娘のムダ毛については気にかけていたのです。

実のところ、娘は5歳くらいから、うっすらとムダ毛が生えていました。

小学校に入ってからは、あきらかに毛深くなっていく娘。

小学校高学年になってからは周囲の子からも、指摘されることがあったと聞いています。

いまどき、早い子は小学校高学年にもなると、自分で毛を剃りはじめるらしいです。

でも、娘は器用なほうではないし、小学生のうちは娘にカミソリの提案はしませんでした。

ただ大きくなったら、ムダ毛には脱毛という方法があるよ、と伝えていました。

ムダ毛を剃る

そして、中学生になった娘は、とうとう鼻の下のうぶ毛を自分で剃るようになりました。

鼻の下、脇の下、と剃りすすめていた娘でしたが、足や腕の毛を剃ろうとはしませんでした。

ナゼ?

たぶん、剃ったらいちばん変化がある場所だから、剃るのがこわかったのだと思います。

いままでフサフサしていた毛が、いっぺんになくなってしまうなんて、想像できないことです。

みんなになんていわれるだろう、という不安もあったみたいでした。

あれだけフサフサしていたものがなくなったら、そりゃ気がつくよね。

しかし、とにかく、娘は体育祭前に剃りました。

手足のムダ毛を剃り終えた娘の顔は明るかった!

ただ、娘がムダ毛を剃ったあとで、ある生徒から「剃らないほうがよかったのに」といわれたそうです。

そんなことをいう子もいるんだねー。

と思ったら、どうやら仲のいい友達からいわれたらしく、娘の友達にたいする考えかたが変わったような?

そのくらい、娘にとってのムダ毛は根深い悩みだったのです。

いずれにしても、娘には若いうちにさっさと脱毛をさせようと思っていました。

なぜって、これはもう、自分自身が毛深くないとわからないことだと思いますが、ムダ毛コンプレックスは消極的になります。

自分の身体にひけ目を感じて、肌を露出しないようにします。

でも、学校に通っているあいだはどうしても半袖短パン(わたしの時代はブルマッ)。

10代はどうしたって腕や足を出さなくてはならないのです。

肌を出せば毛深い手足をほかの人に見られる、なにかいわれる、もの珍しそうに見られる。

自意識過剰な10代にムダ毛が濃いっていうのは、だから、どうしたって、苦痛なのです。

夜剃っても翌朝には生えてくるのが10代の若さ、生命力ってものですし。

娘はスイミングスクールに通っていたので、クロールからバタフライまでひと通り泳げます。

でも、泳げることよりも、水着になるのがイヤ、といい出しました。

それを聞いたとき、やっぱりなァ、と思いましたし、どうにかしてあげたいと思いました。

ケノン、買った

40代のムダ毛、ケノン、光脱毛

そういうわけで、ケノンを買いました。

脱毛器です。

買わなければならない、そう思ったから買いました。

40代でムダ毛の断捨離をするのは、娘に遺伝しているからです。

エステか? 美容外科か?

どうしても中2娘には脱毛が必要です。

ムダ毛の悩みについては、なんども聞かされている40代母です。

そのうちの3回くらいは、娘が大泣きしています。

小学生のときから、もうムダ毛が濃いのです。

わかっている、わかっているんだ。

秋、中2娘には宿泊学習が待っています。

宿泊学習のときには、お風呂場でムダ毛を剃ることができません。

毛深い中2娘にとって、カミソリ処理ができないのは大問題です。

そのときまでに、少しでもムダ毛の量が減るように、と思ってケノンを買いました。

ムダ毛の処理は先読みして、計画的に始めなければなりません。

というわけで。

この夏は、親バカといわれようと、過保護といわれようと、中2娘のムダ毛をケノンで断捨離していくッ。

中2娘のみずみずしい生命力の象徴たるムダ毛、負けるなケノン。

みたいなー、そんな気持ちになっております。ドキドキ

ではまたー。

トップへ戻る