高温期のダイエット、口さみしいときにはキシリトールのタブレットを。

SNSフォローボタン

Lサイズ宣言した40代主婦です。

しかし、これ以上の体重増加は望んでいません。

むしろ体重は減らしていく方向で、日々を過ごしております。

ただね、どうしても、高温期がヤバイ。

思えば「コレ、臨月のときの体重だよね」と体重計を見たとき、高温期でした。

スポンサーリンク

高温期はためこむ時期

キシリトールのタブレット、子供の虫歯予防

女性の身体の神秘、日々の体調の変化。

そんなこんなで低温期高温期がある女性の身体は、排出しやすい時期とためこみやすい時期があります。

ためこみやすい時期にダイエットをがんばっても、努力が身体にあらわれないのです。

そう、それが高温期。

生理前の2週間です。

イライラする時期でもありますね。

そしてなんだか、チョコが食べたくなったり、とにかく口のなかでなにかをカミカミしたくなるのは、わたしだけでしょうか。

チョコを食べて、せんべいを食べて、いまのLサイズ40代主婦が完成しました。

そう、40代は太りやすい。

高温期の食欲にまかせて食べていたら、確実に太るぞ、オイ。ヒエェエエ

自分の体型に恐れをなしつつ、さいきん習慣化したのが、口さみしいときのキシリトールタブレットです。

子供たちには虫歯予防だよ、といっています。

でも、40代主婦には切実なダイエット習慣です。

手に取りやすい場所に置いて、つねに口のなかにポイ。

2粒ほど入れます。

ずっと、キシリトールのタブレットを口のなかに入れていると、舌でさわったときの前歯の表面の感触がちがいます。

ぬるっとしなくて、さらっとしてるの。

これはたしかに、キシリトールって虫歯予防に効果あるかも。

ま、40代主婦が期待しているのは、ダイエット効果なんですけどね。

もちろん、キシリトール自体にダイエット効果を期待してるわけではなくてー。

ためこみやすい高温期に、とりあえず口のなかになにか入れておきたくなってしまう40代主婦には、ぴったりのキシリトールタブレットです。

今回もキシリトールのタブレットで2週間を乗りきりますよ。

ではまたー。

トップへ戻る