電話のベルが。

SNSフォローボタン

自宅の電話が鳴るときに。

電話番号が表示されるので、どこからかかってきたのか確認してから、電話に出るか出ないかを決めています。

実家からの電話には、出ます。

実家から電話がかかってくるときは、たいてい母親です。

スポンサーリンク

父親からの電話

電話イメージ

ところが、電話をかけてきたのは父でした。

ということは、なにかよくない電話なのです。

家族のだれかが入院したとか、なにか、よくないこと。

母かもしれない、と思いました。

いちおう、わたしの耳に入れておいたほうがいいだろう、という話。

伯母でした。

父の姉です。

いちばん近くに住んでいた父の親族。

裏にいってくる、と家から出て、そのまま倒れたのだ、と。

救急車で運ばれて、手術もなにもなく、そのまま亡くなったのだそうです。

脳梗塞。

夏は脱水による脳梗塞が多い、と聞いたことがあります。

汗による脱水で、血液がどろどろになりやすく、血栓ができやすいのだとか。

伯母は従姉の家族といっしょに暮らしていました。

だから、倒れてすぐに救急車を呼べたのです。

伯父はずいぶん前に亡くなっています。

そういうことを考え合わせると、伯母がひとり暮らしでなくてよかったな、とか、長わずらいをしなくてよかったな、などと思うのです。

いままで伯母について、身体の具合がわるい話を聞かなかったので、わりと健康に暮らしていたのではないか、と。

伯母は、父とそっくりな顔をしていたんですよね。

すごくよく似ていた。

女性にしては、ちょっとがらっぱちな感じで。

父からの電話を受けたとき、たまたま中2娘の目のまえでした。

わたしの電話の応対から、娘もなにが起こったか、だいたいわかったみたいです。

「おじいちゃんのおねえさんがね」と、娘にぽつりぽつりと話をしました。

娘が伯母と会ったのは、幼いとき、あとは近年のお葬式のときでしょう。

自宅の電話は、あまり鳴りません。

かかってくる電話といえば、セールス電話をのぞいたら、実家か学校関係です。

わたしの実家からの電話は、たいてい母親からです。

実家の母親が電話をかけてくるのは、野菜を送ってくるときです。

だから、もしそれ以外だとしたら、なにかよくない電話なのです。

「かあちゃんくらいの年になるとねぇ、そういう知らせが増えてくるんだよ」

こんなふうに娘に話していると、なんだかぐっと年を取った気分になる40代母です。

去年の春には父の従兄弟が亡くなっています。

思えば、そのときも父からの電話でした。

実家からの電話は、野菜か、そうでなければ。

なんだか、そんなふうになっています。

ではまたー。

トップへ戻る