絵日記の下書きに原稿用紙を使って文字数を確認しました。

SNSフォローボタン

ときどき小学校の宿題に、絵日記があります。

小3息子の絵日記は、思いがあふれて書ききれないことがありました。

宿題用の絵日記の紙は1枚しかありません。

枠の外にはみ出して書く、裏に書く、どちらも小3息子に却下されました。

しかたがないので、ぜんぶ消して書き直しです。

スポンサーリンク

消しては書き、書いては消す

ノートイメージ

清書用の絵日記の紙は1枚。

最後の行まで書いた絵日記を、いったんコピーしました。

コピーした分を下書きにします。

いったん、絵日記の紙に書いた文章は、40代母がていねいに消しゴムで消しました。

小3息子はコピーを見ながら、小さな文字で、絵日記の用紙に書きなおしを始めました。

ところが。

小3息子の思いはさらにあふれだしたッ。

コピーに書いていある以上の文章を、絵日記の用紙に書きだしたのです。

「書ききれなくなっちゃった」

急がば回れ、とはこのことかッ。

40代母は、小3息子に原稿用紙を差し出しました。

縦20文字、横20行のよくある原稿用紙です。

原稿用紙に書けば、文字数がわかります。

絵日記の用紙は、マス目ではありませんから、文字を小さくすれば、わりとたくさん書きこめます。

小3息子が限界まで小さい文字で書くと、1行に40文字弱を書きこめるのです。

そして、まず小3息子には原稿用紙に日記文を書かせました。

すると原稿用紙に約16行です。

これなら絵日記の15行に入ります。

やれやれ、とようやく小3息子の絵日記が書き終わりました。

とても小さい文字でたくさん書いています。

けっきょく小3息子は、絵日記の紙に1回目、絵日記の紙に2回、原稿用紙に3回、絵日記の紙に4回、と書きなおしました。

書きたいことがあったから。

宿題だから、と数行書いて終わらせることもできるのに、この熱意。

夢中になることがあれば、何回やり直すのも苦ではないのだ。

小3息子は満足そうに、絵日記の宿題を仕上げました。

そろそろ夏休みも終わりに近づいております。

ではまたー。

トップへ戻る