夏のおわり、セミのおわり?

SNSフォローボタン

まだ、セミの鳴き声が聞こえる場所に暮らしています。

セミもずいぶん数が減ったらしく、いまではなんだか、セミの鳴き声がもの悲しいく感じられる今日このごろ。

秋です。

中2娘のかよう中学校では、9月に2回プールがありました。

今年最後のプールを終えた水着が、外で秋の日差しを浴びています。

※以下、どうでもいい感じのセミの話です。

スポンサーリンク

セミのおわりについて、小3息子かく語りき

入道雲イメージ

夏のおわりになりますと、セミの死骸をあちらこちらで見かけます。

そういう場所柄だから、夏のさかりにはセミの鳴き声もうるさいのです。

それで、小3息子といっしょに歩いているときに、セミの死骸を見かけまして。

もう夏もおわるね、なんて、話をして。

「セミもさー、さいごは、『ミーンミンミン、ミ、ン、ミ……』パタッ、ポトッ、っていう感じなのかなー」

そうやって、地面に落ちちゃうのかねぇ、と見たこともないのに、てきとうなことを40代母が話していると、小3息子が。

「あのね、見たことがあるんだよ」

「エッ?」

「セミがね、『ミーン、ミン、ミンミン、ミーン、ミー』って。きゅうに、鳴き声がとまったな、と思ったら、ぱたって落ちてきたんだよ」

「エエッ!? それで、死んじゃったの?」

「うん」

と小3息子は、そのときのことを思い出しているのか、40代母の反応がこっけいだったのか、ふくみ笑いしながら答えました。

「じゃ、じゃあ、セミは、死ぬ直前まで全力なんだね。全力で鳴きつづけて、いきなり死んじゃうんだ。えー、へー、そっかー、そうなんだ。うわー」

うわわー、そうなの? 40代母、40代にして衝撃的なセミの真実を知る!

小3息子が見たという、セミのおわり。

セミは、さ、力を抜くとか、休むとか、知らないんだよ。

だから、あんなに鳴いているわけじゃない?

とすると、小3息子が見たという、セミの最後、マジカ? と思いつつも真実ではないか、と。

ありうるな、セミなら。

そう思いました。

全力で、ぽとり。

ではまたー。

トップへ戻る