歯間ブラシはゴム製のソフトタイプをつかっています。

SNSフォローボタン

虫歯だらけの子供時代を送った40代主婦です。

子供のとき虫歯があれば、大人になっても虫歯に悩まされるといいます。

さらに、子供のころテトラサイクリン系の抗生物質を飲んだらしく、歯が黒いです。

薬のせいで歯が黒い、と知ったのは30歳を過ぎてからでした。

ま、コンプレックスだらけですよ、と。

スポンサーリンク

歯間ブラシは針金がこわくて、ゴム製を選択

歯間ブラシ、ゴム製

歯医者さんから、歯間ブラシを使うように、といわれていました。

でも、針金の歯間ブラシは、針金部分が歯に当たるたびに鳥肌が立つほどイヤでして。

フロスは使うものの、歯間ブラシは使わずに過ごしていました。

が、ゴム製のソフトタイプの歯間ブラシを見つけてからというもの、愛用しています。

針金タイプでは入らなかった場所にも入るので、すべての歯のすきまをブラッシングできるようになりました。

それと、奥歯を大きく削ったときから、食後にモノがはさまるようになってしまいましてね。

これがこまるんですよね。

肉だったら、100パーセントはさまります。

しかも、フロスでは取れないくらい大きいのがはさまるときがありまして。

歯間ブラシを持ち歩くようになりました。

歯のあいだにモノがつまるって、ものすごく不快です。

食後につまようじを使う人の気持ちがわかりました。

わたしの場合、奥歯にはさまったら、つまようじごときでは取れません。

歯間ブラシを歯のあいだに貫通させて、動かして、ようやく取れるような大物がはさまります。

奥歯にモノがはさまった状態だと、すっきりしない、落ちつかないのです。

というわけで、ソフトタイプの歯間ブラシは欠かさず買っています。

メガネにしろ歯間ブラシにしろ、生活にないと不便なモノが増えていくような気がします。

まー、いわゆる、年のせいですね。

ではまたー。

トップへ戻る