電子レンジがこわれたので、電子レンジのない生活4日目です。

SNSフォローボタン

先週末、電子レンジがこわれました。

夜、帰宅した夫のために夕食をあたためようとしてレンジを使いはじめたら、ブレーカーが落ちました。

ブレーカーが落ちるような電気の使い方はしていないはずだけど。

エアコンもドライヤーも使っていません。

そして、ブレーカーをあげてから、ふたたびレンジを使ったところ、レンジの横のすきまから明るい光を見た! と思ったらレンジの動きが止まった!

それが、電子レンジの最後でした。

その晩、夫は冷めた晩ごはんを食べました。

スポンサーリンク

電子レンジがないと不便だね、と息子がいう

キッチン断捨離、電子レンジ、炊飯器

電子レンジがこわれて、週末3連休でした。

だれも「電子レンジを買おうよ」といいません。

むしろこわい。

電化製品がこわれたら、速攻で買いに行く。

いままで、そんなイメージがありました。

しかし、いちばん欲しがりそうな40代夫が「じゃあ、買いに行こうか」といわないのです。

なんだかこわい。

でも、まあ、とりあえず、電子レンジのない生活スタートです。強制的に。

そもそも、いちばん不便を感じるのは40代主婦です。わたしです。

朝のレンチンができません。

夫のお弁当のおかずのレンチン。

40代夫の場合は、冷めたコーヒーのレンチンができない。

中2娘、小3息子にいたっては、ほぼ使いません。

飲みものをあたためる、冷凍室に入れておいた菓子パンをあたためる。

カントリーマァムをあたためる。←小3息子

オーブン機能もある癖に、すでにオーブン機能は封印して断捨離ずみ。

買いなおすとしたら、レンジ機能だけで十分です。

そう思っていましたが、いそいで買いなおす理由もありません。

なにしろ、いまのところ夫が欲しがらないからです。

もう少し寒くなってコーヒーが冷めやすくなって、どうしてもあたため直したくなったら、電子レンジ買うかも?

とりあえずは電子レンジのない生活です。

ではまたー。

トップへ戻る