娘のお風呂タイムが1時間になったのでシャワーヘッドを交換しました。

SNSフォローボタン

中2娘は去年からひとり風呂を始めました。

女の子だからね。

しかたないよね。

よその家の話でも、娘の入浴中シャワーの音がまったくとぎれないのでコワイ、と聞いたことがあります。

そう、コワイですよね。←ガス水道代

スポンサーリンク

娘を育てるための必要経費

節水、シャワーヘッド

中2娘のお風呂タイムが1時間越え。

しかも、夜中に追い炊き。

春から夏になっても、ガス代が減りませんでした。

正直いって、家族の入浴からおくれること2、3時間、冷めたお風呂を追い炊きするのは、やめていただきたい。

とにかく、さっさと風呂入って寝ろ、というのが40代母の本音です。

でも、それができない年頃であるらしい。

もうしらんがな、という気持ちであきらめつつ、わるあがきして購入したのが節水シャワーヘッドです。

いまさら、と思うし、焼け石に水、とも思います。

でも、なにかせずにはいられなかった、わが家のガス水道代事情です。

毎月のガス水道代を見るたびに、中2娘を思い浮かべてしまう40代母。

年頃の娘がいたら、しかたのないこと。

これはもう娘を育てるうえでの必要経費なのだ。

そう思って、せめての節水対策として、シャワーヘッドの交換をしました。

節水効果最大70%! とのうたい文句にひかれて、えらんだシャワーヘッドです。

たいせつなのは節水、美肌効果は求めませんでした。

手元のボタンで開閉ができるのは便利です。

ただ、小3息子が使うときには、たまに熱すぎることがあるみたいなので、その点は注意しています。

とにもかくにも、わが家のシャワーは節水をしている。

そんな意識がたいせつなんだよォ、と思うことにして、中2娘の長風呂を気にかけないようにしています。

それにしても、娘よ早く寝ろ、と母心です。

ではまたー。

トップへ戻る