手書きの家計簿にはフリクションペンが便利でした。←性格的に

SNSフォローボタン

家計簿のつづかない40代主婦です。

1年以上つづいているのが、スマホの家計管理アプリ。

そして1ヶ月以上つづけているのが、レシート貼りノートです。

夫が引き受けた家計消費状況調査の記入をスムースにおこなうために、記入担当の40代主婦が始めたのがレシートノートです。

日経ウーマンの付録マンガに、そういうのがあったので。

総務省統計局の家計消費状況調査世帯に当たりました。

スポンサーリンク

お金と向き合うきっかけとして

レシートノート

わたしはスマホの家計管理アプリ(Zaim)を1年以上使ってはいたものの、記入するだけでおわっていました。

手書きの家計簿がつづかず、アプリがつづく理由はなんなのか、自分なりに考えてみました。

スマホの家計管理アプリがつづく理由

  • 自分で計算しなくていいこと。
  • なんど記入を修正しても、二重線、修正テープのようにきたなくならないこと。
  • 書きもらしをあとから記入するのがかんたんで、自分で計算し直す必要がないこと。

と、考えて気づいたことは、わたしは直すのがきらいらしいのです。

修正テープの白いあとも気にいらないらしいのです、わたしは。

完璧に美しくしたいらしいのです、どうやら。←家計簿の数字、文字の話ですが。

でもそれは、むりだよね、とわかっています。

そこで、とうとう購入したのがフリクションペンです。

いまさらな感じがしつつ、黒がうすい不満もさておいて、使いはじめました。

いまでは、ペンで書きたい手帳、レシートノートに活躍中です。

まちがえたー、と消す。

うわ、またおなじとこまちがえたー、とまた消す。←40代だからッ

なぜ、もっとはやく買わなかったのか、というくらいにわたしの修正ストレスをやわらげてくれています。

一発入魂! みたいな気持ちで書いていたけど、ぜったいまちがえるわけですから、わたしの魂は。

消して、書きなおせる便利さは、わたしの性格にあっていました。

だからいまは、手帳、家計簿(レシートノート)にフリクションペンを使っています。

とくに家計簿の、計算が合わなかったときの二重線の訂正、修正テープなどの、わたし(乙女座A型)にはゆるしがたい修正がなくなったのが、とてもよいです。

3色ペンを使っています。

ではまたー。

トップへ戻る