ブレンディの濃厚キャラメルマキアートを片手にグチを聞く40代母です。

SNSフォローボタン

夏、ボスラテにはまった中2娘。

牛乳の消費量がかわるほどガブガブ飲んでいました。コワイ

ボスラテにかわる、なにかあたたかい飲みものってないかな、と思って見つけたのがブレンディの濃厚キャラメルマキアートです。

この手のスティックタイプの飲みものって、そういえば学校の集まりで飲んだことがありました。

スポンサーリンク

甘党の夫もうれしそうに飲む

濃厚キャラメルマキアート、ブレンディ、カフェラトリースティック

コーヒー紅茶の売り場を見たら、ブレンディのカフェラトリースティックがずらりとならんでいました。

その売り場の棚に、ぽっかりとあながあいていたのが、この濃厚キャラメルマキアートのスペースでした。

棚のスペースに残っていたのは、2、3箱。

そんなに人気なのか?

フーン、とためし買いした40代主婦。

家族よりもはやく、さっそく飲みました。

なるほどこれはあまくて、おいしいー。

すると甘党の夫が、においをかいでやってきた!

甘党の夫はもちろん、中2娘も気にいった濃厚キャラメルマキアート。

これ、お湯は160mlを入れるのです。

こういう飲みものって、お湯の分量が大切です。

いちいち量りはしないけど、目分量でココ! と思う高さまでお湯を入れます。

そんな甘い飲みものを手に、耳に入れるは中2娘のグチ。

このところは、部活動ですね。

春のクラス替えで、アタリのクラスになった中二娘は、クラスでの不満はほぼない状態になりました。

そしてクラスの不満がなくなったいま、問題は部活動に移動しました。ヘー

まー、なにがどうっていうか、不満を持つ年頃ですよね。

小3息子が口をはさむのをにらみつけ、濃厚キャラメルマキアートを口にはこぶ中2娘。

あたたかくてあまくておいしいものを飲んでいるあいだくらいは、おだやかな気持ちになってくれたらいいのですがね。

中2娘と向かい合わせの席に座りながら、ハァ、ヘー、と聞いている40代母。

その不平や不満や怒りや悲しみというような、なにやら燃えさかる気持ちに油をそそいだり、消火活動をしたり、しているような40代母です。

それにしても、主語が省略されてよくわからん話、伝聞だらけでどう判断したらいいのやら。

まー、とにかく、中2娘はグチり、飲み、すこしすっきりしたようなもの足りないような顔つきで40代母の前から立ち去るのでありました。

ではまたー。

トップへ戻る