庭のサザンカの花を見て思うことには。

SNSフォローボタン

この冬、庭のサザンカの木が花を咲かせました。

いままで、花が咲いたことはありませんでした。

これまでずっと、枝をみじかく刈り込んでいたからです。

時期もなにも考えずに、枝が伸びるのがいやで、とにかくみじかく刈り込んでいました。

花芽もいっしょに切り落としていたんですね。

スポンサーリンク

花の咲くゆとり

さざんかイメージ

とにかくみじかく刈り込んで、すっきりさせていたサザンカの木。

アパートの庭に、もともと植えてありました。

でも今年は、みじかく刈り込みませんでした。

ちょっとかたちをととのえただけで、あとはそのまま。

だから花芽が残って、いまの時期に咲き出したのです。

これまで花を咲かせるたのしみを知らず、ただ切り落とすことだけをしてきたのだな、と思いました。

自分が植えた木ではないし、もともと植えてあっただけだし。

そんな考えがありました。

でも、いまそこに住んでいるのは自分たち。

そこにある樹木を世話してみたらいいんじゃないかな、と。

これまではなにも考えずに、とにかくみじかく刈り込むだけでした。

これからは、花の季節をたのしみにできるような剪定をしたいと思いました。

やみくもな断捨離ではなく、生活をたのしむための、ゆたかになるための断捨離。

そんなのができたらいいな、とサザンカの桃色の花をながめながら思ったのでした。

年末までに、もうすこし。

ガツガツ捨てていきますけどね。

ではまたー。

トップへ戻る