使用済み切手は年末にまとめて寄付します。

SNSフォローボタン

わたしが捨てずに集めているモノのひとつに、使用済み切手があります。

いまどきは切手を使う機会も少なくなり、なかなか集めにくいモノではありますが。

切手の貼ってある郵便物があると、すかさず切りとってとっておきます。

さいきんは2年分くらいためてから、まとめて寄付先に送っています。

寄付先は決まっているので、封筒にまとめたらあとは送るだけです。

わたしはいつもここ→JOCS日本キリスト教海外医療協力会ー使用済み切手運動

スポンサーリンク

使用済み切手の寄付

使用済み切手の寄付

今回の使用済み切手のなかには、海外の切手もふくまれていたので、数回の海外切手はちいさなビニール袋に分けて入れました。

このごろは郵便物も少なくて、集めにくい使用済み切手であります。

使用済み切手を寄付するのは、2年ぶりかな、3年ぶりかな、という感じ。

両親が荷物を送るときにゆうパックを使うので、未使用切手をあげたこともありました。

送料(現金)を渡すことはなかったのに、切手なら渡せる、という。

そして、ゆうパックに使われた使用済み切手を切りとって、寄付する、という。

そのくらいしないと、使用済み切手が集まらない昨今なのです。

自分自身に趣味が欲しくて、記念切手を買っていた時期がありましたけどー。

いま、切手を買うのは、2円切手、10円切手などの端数あわせの切手です。

手持ちの18円切手(たしか封書が62円から80円に値上げされたときに発売されたのである)は、使いにくいので、未使用切手として寄付した記憶があります。

このところ思うのは、懸賞応募用のはがきの切手を貼るスペースをもっと広くしてくれんかな、ということです。

なにしろ記念切手は大きいので、使いにくいんですよね。

宛先が大企業の私書箱だから、どーせ届くだろうと思って、宛先の上にも切手を貼って応募しました。

どうやら、はずれましたけど。

切手スペース、広くしてほしいです。

ではまたー。

トップへ戻る