帰省しない年末年始、田舎から届いた荷物。

SNSフォローボタン

今年も、去年につづき帰省しない年末年始です。

渋滞からの解放は、ちょっとだらしない休暇になってしまいますが、ほっとしている40代主婦です。

そして年末に、わたしと夫と、それぞれの実家から荷物が届きました。

夫の実家からはおもにリンゴですね。

そして、わたしの実家からはおもちが届いた!! ワーイ

スポンサーリンク

実家からの荷物はクール便をつかわない

もち、あんころもち

実家からの荷物は、おもちと野菜でした。

年末、この時期の荷物ですから「翌日に届かないかも」と窓口でいわれたそうです。

品名の欄に「野菜、もち」と書いてありますからね、窓口でも気を使いますよね。

おなじ関東圏内から発送されるので、ふだんはふつうに翌日配達です。

うちの実家はおもちだろうが、生うどんだろうが、ふつうのゆうパックで発送しています。

いちど、夏に生うどんを送ってきたときは、めずらしくクール便をつかっていましたねェ。

そして、おもちを入れるのは菓子箱です。

菓子箱に、じかにおもちを入れて湿気を吸収してもらう、ってわけです。

そういえば、夫の実家でも菓子箱に直接おもちを入れてくれてましたね。

トマトとか、つぶれそうな野菜なども菓子箱に入れますねェ。

田舎では、菓子箱が大活躍なんですよね。

だから、実家では菓子箱をやまほど取っておいています。

使うからね。

使うときは、いっきに使うからね。

菓子箱って、すごくしっかりしたいい箱だと、つい取っておきそうになるんですよね。

でも、実家みたいに明確な目的意識があって取っておくものでもないし、ただなんかしっかりした箱へのモッタイナイ気持ちなんですよね。

そう思って、わたしは捨てるのだが。

まー、なんていうか、そういう田舎における菓子箱リサイクルはいいよね。

今回のおもちも、あんころもちを多めに入れてもらってうれしいです。

あんころもちはあんこからお水が出るので、届いたらすぐに食べることになっています。

わが家には、娘いわく「無類のあんこ好き」である40代夫がいるので。

ではまたー。

トップへ戻る