年末年始に捨てたモノ、うろおぼえ。

SNSフォローボタン

年末年始、ベランダに置いたゴミ箱が役立ちました。

外置きのゴミ箱には、45Lのゴミ袋をセットしています。

そして、生ゴミ以外のかわいたゴミを捨てています。

ちょっとかさばるゴミをベランダのゴミ箱に捨てているのです。

この年末年始もちょこちょこと、かさばるゴミを捨てました。

たとえば、クリスマスツリー。

スポンサーリンク

クリスマスツリーの思い出

キリスト生誕人形、クリスマスイメージ

年末にゴミ箱に入れたクリスマスツリーは、息子が生まれた年のクリスマスに夫が買いました。

「ちょっと安くなっていた」といって。

高さ30センチほどの、ちいさなクリスマスツリーです。

このアパートに引っ越してからは、下駄箱の上に置いたり、テーブルの上に置いたり、冷蔵庫の上に置いたりしていました。

ちいさいからね。

そう、わが家にクリスマスツリーがなかった頃、わたしはあやうくとんでもないモノを買ってしまうところでした。

いや、さすがに買わなかったわけですけど。

いいなー、ほしーなー、あこがれちゃうなー、と思っていたモノがあったのです。

そう、それはドイツ製のクリスマスツリー。

たしか当時、ドイツのクリスマスツリーを作っている会社が、安い外国製のクリスマスツリーに押されて、クリスマスツリーの製造をやめるからもう手に入らなくなる、という話があったのです。

で、わたしもうっかりあやうく、180cmのクリスマスツリーを買いたくなったけど、さすがに180cmはムリだから、せいぜい150cmかなァ、などと思ったりしました。アブナイ

ほーんと、買わなくてよかったです。

当時だってアパート暮らし、しかもいまよりせまい部屋に暮らしていました。

150cm、180cmのクリスマスツリーなんて置いたら、とんでもないことになるのです。

そうなんだけどー、ドイツ製だよ、もう手に入らなくなっちゃうっていうんだよ?

われながら、そういうのによわいな、と思います。

あぶなかったです。

そして、年末にクリスマスグッズを片づけるついでに、クリスマスツリーを捨てました。

夫が買ってきたクリスマスツリーですが、買ってきた当人が、買ってきたときのことを覚えていないんですって。マァ!

緑色の葉っぱ部分がポロポロ落ちるから捨てよう、といいだしたのは夫です。

夫がそんなことを出すなんておどろきました。

もちろんすぐにゴミ箱いきです。

クリスマスツリーを捨てるまえに、数が増えたクリスマスリースを3個くらい捨てていました。

その勢いがあったからでしょうか、夫がクリスマスツリーを捨てよう、といったー。

でもそんな夫のとなりで、小3息子が不安そうにしていました。

クリスマスツリーって、サンタさんの目印みたいなものだから?

まァ、クリスマスツリーのことは、来年のクリスマスまでに考えようよ、ってことになって、とりあえず捨てて、ゴミ箱のふたをしめて、気分はすっきりです。

クリスマスリースを3個くらい捨てて、クリスマスツリーを捨てて、オーナメントもまとめて捨てて。

年末に捨てたモノとしては、クリスマスグッズが大きかったです。

家族でたのしむイベントグッズって、捨てにくいんですよね。

でも、いっしょに片づけると、あっさり捨てられることもあります。

「これ、捨てていいかなー」とたずねるのも、おそるおそるだったりする40代主婦です。

どんどん捨てていくと、家族の視線がいたいときもありましたよ。

いまも、ときどきいたいですよ。

「○○がない!」とさわぐ子供が、「もしかして、捨てちゃった?」という目でこっちを見ることもありますよ。イヤ、ソレ、ステテナイカラ

それでも、まだ、もうすこし、捨てられるよねぇ?

そう思えた年末年始、まだまだ捨てていきますよ、と。

ではまたー。

トップへ戻る