ちりとりで雪かきをしています。

SNSフォローボタン

太平洋側に暮らしている40代主婦です。

10センチほどの雪を大雪と呼ぶ地域です。

週末から、小3息子がワクワクしていた雪。

思ったよりも降りませんでした。

つぶが小さかったんですよね。

でもそれなりに白く積もったので、アパート周辺を雪かきしました。

スポンサーリンク

雪かきはちりとりで

積雪の朝

朝、雪かきをしました。

今日は晴れるから、いっきに溶けてしまうと思いますが、そのままにしてこおってしまうのもこわいのでー。

あと、大人が雪とふれ合ってもおかしく思われない行為だからです。

ちりとり、雪かき

そして、わが家が雪かきに使っているのがダルトンのちりとりです。

かなりおつかれな顔つきをしています。

4年まえの雪のとき、だいぶ使い込みました。

ダルトンのちりとりを使うまえは、外用のプラスチックのちりとりを使っていました。

ちょっとした雪なら、ちりとりで十分な地域に住んでいます。

アパート暮らしの40代主婦ですが、道路に出るまでの道は、ちりとりで雪かきをしています。

これは、自分のためと家族のためです。

雪かき用のスコップなら、もっとかんたんに片づくと思うのですが、まー、20センチにもならない雪ならちりとりで十分です。

範囲もせまいし。

雪かきの思い出

雪かきで思い出すのが、実家の近所の商店街です。

正確には、商店街というか、商店街にならんでいる2軒のお店のあいだの細い道のことです。

実家から駅前の商店街へ出るには、いつもその道を使っていました。

しかし、その2軒のお店は、あいだの細い道を雪かきしないのです。

もちろん、お店のまえの道路は雪かきをしています。

でも2軒の家のあいだにある細い道は、まったく雪かきをしていないのです。

毎年、雪が降るたびに、雪かきをしないその細道は、踏みしめられこおっていました。

そして日陰だから、いつまでたっても雪が残っていたのです。

2軒のお店は仲が悪いのだ、と聞いた覚えがあります。

それにしても、住んでいる人たちは不便ではなかったかしら、と思います。

わたしが子供のときから、ずっとそんな感じで。

大人になってもあいかわらず、その細い道には雪が残っていました。

いまも、あの細道は雪が降るたびに、雪かきをされずにそのままなのかもしれません。

今回の積雪、20センチを超えたと思いますが。

あるいは世代が変わって、細い道も雪かきをするようになったでしょうか?

それとも、いまでもあいかわらず雪かきなしの、なつかしい光景が広がっているのでしょうか。

雪かきを思うとき、いつもあの細道を思い出します。

ではまたー。

トップへ戻る