牛乳パックで作る! 工具箱! 小3息子の工作熱。

SNSフォローボタン

小3息子の工作熱が、あつい!

娘のときはこんなのなかったんじゃないかな?

そういえば、娘のときはアイロンビーズ作りましたね。

手作り消しゴムも作ったし、下じきも作りました。

娘の場合、それらは市販のキットを利用して作ったわけです。

でも、小3息子はキットなしで、部品から買い集めたりして、作っています。

ナンカ、チガウ。

スポンサーリンク

牛乳パックで作る工具箱

工具箱、小学生の工作、牛乳パック

工作熱にうかされた息子は、ダンボールめいろを作ったりロボットを作ったりしていました。

そして、そういうものをつくっているうちに、材料をしまっておく工具箱が欲しくなったらしい小3息子。

工作の本に作り方がのっているらしく、「工具箱を作る!」といっていたんですよね。

そして、完成したのが先週末。

工具箱、小学生の工作、牛乳パック

牛乳パックです。

牛乳パックに金属のネジを使っています。

まちがえないように部品にペン書きでメモしたり、こまかいです。

工具箱、小学生の工作、牛乳パック

これ、けっこうスゴイ。

2段にひらく。

見た目、牛乳パックなのがなんともいえないのですがー、よくできた工具箱です。

正直、ちょっとした工具箱をホームセンターで買ってくればいいんじゃないのォ? と思っていた40代母がいます。

でも、こうして完成品を見ると「よくがんばったね、すごいなコレ」と感心しました。

小学生向けの工作の本って、たくさんありますけど、読むことはしても実際に作る子供ってどれだけいるのだろうか。

わたしは手芸の本が好きで、モノのできる工程を見ていくのが好きで、読むけど作らない手芸本好きなんですよね。

だから、小3息子が自分で作りたいものを、自分で作っていく姿におどろいているしだいであります。

ひっこみじあんで、たぶん友達がいない小3息子にも、夢中になれるものがあってよかったです。

あと、夫が息子につき合ってくれているのが、ほんとうにありがたい、とつくづく思う今日このごろですよ。

ではまたー。

トップへ戻る