思春期の中2娘の心をいやす、カンタンほっこり飲みもの。

SNSフォローボタン

思春期の娘はあいかわらず。

先日も夫の目のまえで、娘は汚い言葉づかいをしていました。

やだなァ、と思いつつ、口をはさまなかった40代母です。

ああいう言葉づかいを聞いて、夫はどう思ったのだろう、と後日、夫にたずねてみました。

「あー、なんかいってるなと思ったけど、聞き流してたから」

夫のスルースキルの高さに、いまさらながらおどろかされた結婚18年目の40代妻です。

スポンサーリンク

中2娘のグチのおともに

ブレンディスティック紅茶オレ、ぐうたらネコのミルクちゃん

いま、中2娘のグチのおともはブレンディスティック紅茶オレです。

パッケージかわいい。

そしてなにより、以前よく買っていたキャラメルマキアートよりも、お値段がお安いんですよ。←重要

わたしはこのところずっとお茶ですから、個別包装のパッケージを見たことがなかったのですが。

中2娘にいわれて、はじめて見ました。

こんな感じ。

ブレンディスティック紅茶オレ、ぐうたらネコのミルクちゃん

やる気が出ないのは、きのう頑張った証拠。

これ、ぐうたら応援メッセージだそうです。

ぐうたらの自覚はあるんだな、たぶん。

イラストの白ネコは、ぐうたらネコのミルクちゃん。

そう書いてあるんです、ぐうたらネコ、って。

ぐうたら主婦のくまこさんです、みたいな。

それはさておき、中2娘は個包装に書いてある言葉にいやしを感じいてるそうであります。

そうね、やさしいものね。

やさしい言葉に、ひとは弱いよね。

ブレンディスティック紅茶オレ、ぐうたらネコのミルクちゃん

とか。

ブレンディスティック紅茶オレ、ぐうたらネコのミルクちゃん

これ↑、うまいなと思ったんですけど。

山もあって、谷もあって、休みもあるよー、っていう。

山でも谷でも、休みは必要だと思うの。

などと、娘のいないあいだにパッケージを読みふける40代主婦。

パッケージの言葉を選んで差し入れをする、といった使い方をしている人もいるのはなかろうか、と思えるメッセージの数々でした。

ブレンディスティック紅茶オレ、ぐうたらネコのミルクちゃん

これ、2箱目の購入なのですが、ちかごろ店頭に並んでいないのです。

このところブレンディスティック紅茶オレの棚が、いつもカラなんですよね。

ミルクちゃん人気なのだろうかー。

ではまたー。

トップへ戻る