夫の断捨離に思う、40代妻。

SNSフォローボタン

夫が、ちまちまと片づけているっぽい。

週末に、また、ゴミ捨てをたのまれました。

たのまれたゴミを見て、40代妻は驚きを禁じえなかった!

箱ごと、まる捨てですね。

わたしは箱の中身を知っている。

思い出系の、ハガキ、手紙、などが入っている箱です。

20年を超える思い出ボックスのはずです。

スポンサーリンク

ハガキの断捨離

手紙、封筒イメージ

押入れのなかにはFitsの引き出しがあって、その深い引き出しには、夫の雑多なものがいろいろ入っています。

その引き出しの中の大半は、夫が大学時代からしまっているモノです。

思い出系、まだ使える系です。たぶん。

夫は箱に入れたら安心して何十年も置いておくタイプ。

だからFitsの中身もそんな感じ。

入れっぱなしで、安心。

そんな夫が、ハガキ箱を断捨離した!

というおどろきです。

中身を見て、分別して捨てることを決めたのか、パラッと見て、もういらないな、と捨てるのを決意したのか。

捨てるときなんて、あっさりしているものだなァ、と思います。

夫自身、もういらないのはわかっていて、でも捨てるきっかけがなかったモノなんですよね。

入れておく箱があって、置いておく場所があるから。

いったい夫になにが起こったのかわかりませんが、わたしが買い物に行って帰ってきたら「そこにあるの捨てておいて」といわれました。

妻が買い物に行っている1時間半のあいだ、夫になにが!?

なにが夫にそうさせたのかわかりませんが、「捨てといてー」といわれたら、さっさと捨てる40代妻です。

夫が捨てモードに入ったみたいなので、せかすことなく、見守っていこうと思います。

「ほらね」とか「だからいったでしょー」とか、そういう言葉は、夫に反発心をめばえさせるだけなので、夫が捨てるモノについてはアレコレいわずに、すなおに捨てていきます。

捨てかたについて、話し合うくらいですかね。

今回は紙モノなので、ふつうに可燃ゴミです。

ではまたー。

トップへ戻る