自転車のパンク修理でわが身の金銭感覚を振り返ったこと。

SNSフォローボタン

おととし、自家用車を手放してから、夫は駅まで自転車を使っています。

そして先日、お昼休みに夫からLINEが連絡が。

どうやらパンクしたみたいだから、修理しておいて欲しいとのことでした。

その日はたまたま、小3息子の帰りが早かったので、小3息子を連れて自転車の修理に行ってきました。

夫が断捨離した自動車のこと。

スポンサーリンク

おいくらですか? と聞かない習慣がわれながらコワイ

お金の計算イメージ

駅前の駐輪場から、自転車を押して歩いて5分とかからない場所に、小さな自転車屋さんがあります。

マンションの1階にある、ちいさなお店です。

もともとは古本屋さんだったのを覚えています。

自転車屋さんに見てもらうと、後輪にみごとな穴が開いていました。

後輪は、かれこれ6、7年交換もせずに乗っていましたから、タイヤの劣化が原因かな、と思います。

自転車屋さんがいうには、タイヤとチューブとを交換して30分くらいかかるという。

じゃあ、そのころにまた来ます、と店をあとにしました。

すると、小3息子がいうのです。

(小3息子)「お金は? だいじょうぶなの?」

(40代母)「だいじょうぶだよ。あと払いなんだよ」

そして、気がついたことは。

そーいえば、わたし、値段を聞いてないなァー。

いや、そんな、ね?

ぼったくられるとか、そういうことじゃなくてー。

こういう場合、ふつうに考えて、「修理代にいくらかかるのか?」とたずねるものではなかろうか、と。

まー、ねー、そんなにべらぼうな値段をふっかけられるわけじゃあるまいし、高いからやめますってもんでもないし、聞いても聞かなくてもいっしょだよねー、というような。

この、お金にたいする無頓着さ。

40代にして、お金にたいする意識が低いのではあるまいか、とあらためて考えたのでした。

たぶんね、「お金にこまかい」と思われたくない、とか、「お金にこまっている」と思われたくない、とか、そういう意識が働くのだと思います。

しかも、無意識に。

ものすごいすり込みでもって、そのように思っているのだ自分はー。

お金にたいして、はっきりとしない、きちんとしていない、どんぶり、であることによって、お金に執着していないというか、あさましくないというか、そんなふうに見られたいと思っているとかなんとか、なんじゃないのかー。

じっさいには、お金を持っている人のほうが、お金にたいしてきちんとした態度をとっているし、はっきり、しっかりしているのですが、ね。

さて。

今年の個人的なテーマとして、お金について学ぶ、があります。

たとえば、自分ちの、個人的なお金の流れを把握するための、レシートワークを続けているのです。

にもかかわらず、タイヤのパンク修理ひとつとってもこれだよ、と。

自分のお金にたいする気持ちのうすっぺらなことに、おどろき、反省した、平日午後。

ちなみに、パンク修理費はぜんぶひっくるめて4,600円でしたよ。

ではまたー。

トップへ戻る