骨格診断で着るものを選んでいくことにしました。

SNSフォローボタン

たしかに、これは自分には合わないなァ、という服があるのだ。

じゃあ、自分にはどんなのが似合うのか。

いまさらではありますが、骨格とパーソナルカラーの本を読んでみました。

ちなみに、骨格診断ではストレート、パーソナルカラー診断ではオータムだった40代主婦です。

もっとも、いま愛用しているのは黒のジャージ上下ですが。

服の量が減ったのは40代にして生まれてはじめてコレを買ったからではないか、と思っています。

スポンサーリンク

コレ、と思った服が入らない40代

40代のLサイズ宣言、MからLへ

自分の、自分の肉体にたいするカンチガイというのですかね。

視覚的には入るはずの服が、入らない衝撃といったら。

もう、さすがに慣れましたけれどもー。

さいきんは、数字で見ます。

自分のサイズは数字で覚えて、MだのLだのにはまどわされない。

LL、XLをもおそれない。

そんな、気持ちですね。

自分の感覚にたよる服選びは、もういかんのではないかねェ。

そう思って、おそるおそる読んでみたのが『骨格診断®とパーソナルカラー診断で見つける似合う服の法則』でした。

もともと雑誌でちょっと目にしていました。

ストレートタイプの特徴、首は短め、ふとももは太め。

すごく……、納得です。

いちばんやせていたときでも、身体がうすく感じられなかったんですよねェ。

オータム・ストレートのシンプルでベーシックなファッションは、制服好きな乙女座40代主婦の好みと合います。

ただ、骨格別のおすすめアイテムは、かなりきびしいですよねストレート。

服はかなり数を減らしたので、シンプルでベーシックな着まわしのきく服を選んでいくのは、これからも変わらないと思います。

色づかい、着丈、シルエットなど、オータム・ストレートの自分を意識して選んでいこうかな、という感じです。

ではまたー。

トップへ戻る