ダイソーでコレ買ったら、窓ふきがアレだった、ってワケなんですよ。

SNSフォローボタン

正直、コレ、よかったです。

税込108円で、期待以上の働きをしてくれた、っていうかー。

150センチの40代主婦に絶妙なサポートをしてくれた、っていうかー。

いままで、あきらめていた部分に手が届いて、表裏スッキリして猛烈に、激烈だったんですよ。

なぜもっとはやく使わなかったのか、と。

スポンサーリンク

窓ふきの届かない部分

ダイソー、窓ふき、ウインドウクリーナー、ロング

身長とか、腕の長さの問題ですね。

どうしようもないじゃないですかー。

そう思ってあきらめていた、窓の上20センチ部分。

内側はね、イスを使って拭くときもあれば、拭かないときもあるような手抜き具合の窓ふき作業でした。

外側にいたっては、部屋のなかから手が届く部分だけ拭いていた無精者です。

でも、A型乙女座なものですから、気になるんですよ。

それがまた、ストレスなのだ、とわかっちゃいるけど見て見ぬふり。

もちろん、長い柄のついたなにかで拭けばいいんですよね。

でもそれって、お高いんでしょう?

どーせ、使わなくなるんでしょう?

そう思って、手を出さなかった便利グッズ。

このたび、「ダイソーだから!」と買ってみました。

スポンジと水切り

わたしが買ったのは、スポンジと水切りがついているロングタイプです。

白色をえらんで買いました。

バケツに水を入れて、ジャブジャブとスポンジ部分を濡らしました。

腕を伸ばせば、150センチの40代主婦でも、窓の上辺までスポンジ面がとどきます。

もう、この時点で感動よ。

スポンジでゴシゴシ、水きりでスーッスーッ。

このくり返しで、あっという間に仕上がりました。

外側はベランダに出て、窓の外に置いている階段に乗りました。

ベランダからの窓ふきは、段差があるのでいちばん上までスポンジがとどくか不安でしたが、ギリギリ届きました。

えー、はっきりいって、引っ越してから初の本格的な窓ふきができました。

これ、すごくいい、と思って、3面の窓をぜんぶ拭いてまわったくらい、とても使いやすかったです。

ぞうきんで窓をふいていたのがウソみたいな。

さいごにネジがゆるんで、スポンジ部分が飛び出しちゃったんだけど、押し込んでネジを締めてことなきを得ました。

きみにはまだまだ働いてもらわないとな。

いやー、とても気持ちのよい掃除ができて大満足です。

ではまたー。

トップへ戻る