断捨離はキックで。

SNSフォローボタン

断捨離における家具解体とは、ストレス解消ではないか?

そんなふうに思ったりする40代主婦です。

今回もめんどうだったけど、Fitsの収納ケースを解体して、可燃ゴミとして処分しました。

他人にゆずるとか夫にたのむとか、手間ひま、わずらわしさ、アレコレを考えると、自分で解体して可燃ゴミ袋に入れるほうがいいんです。

いいんです、わたしにはッ。

スポンサーリンク

プラケースの解体にもハイスパイマン

断捨離、ハイスパイマン、家具解体

愛用の ハイスパイマンを用意いたしまして。

さいしょはキコキコと切っていました。

プラスチックだから。

スチールラックよりもだんぜんラクです、カンタンです。

でも、だんだん、そんな、なんか、まじめに切ってられっか、という気持ちがフツフツとわいてきて、つい足が出ました。

そう、プラスチック製品の解体だったら40代主婦のヤワ足でも十分いける。

場所はベランダ、足にはスニーカー。

思いきって、エイヤッと蹴るときには目を閉じます。

パキッと小気味よい音がして、丈夫と評判のFitsの引き出しが割れています。

そこから先は、もう、バンバン蹴って蹴って蹴りまくる。

破片が目に飛んできたらあぶないので、目を閉じることだけはわすれずに、蹴って蹴って解体終了です。

週末、家族の目に触れないように、人知れず40代主婦のストレス解消がおこなわれました。

Fitsの引き出し2個分、可燃ゴミ袋に入れました。

断捨離して、モノを減らしているうちに、Fitsの引き出しも残り14個になりました。

中身を減らし、入れものを減らし、とすこしずつ進んでいます。

コタツを捨てて、コタツ布団を捨てられたのが、今回のスッキリです。

ではまたー。

トップへ戻る