またひとつ、減らしていくモノを思いつく。

SNSフォローボタン

さいきんはムリに使っていた、と思います。

本来の用途から、ちょっとずれたところで使う。

そんな使い方をする時点で、もう、いらないモノになっていたのです。

でも、まだ、捨てられませんでした。

気にいって買ったにしては、あまり使いきれなかった後悔からでしょうか。

スポンサーリンク

お弁当箱の断捨離

断捨離、お弁当箱

子供用ではなく、わたし用。

買ったのは、結婚後だと思うのですが、記憶がさだかではないのです。

あの店で買ったとすると、結婚後だけれど、独身のころにあの公園に持っていった記憶があるような、ないような。

ま、そのくらいむかしに買ったお弁当箱です。

かわいい、と思って買いました。

でも、わたし自身はあんまり使わなかったんですよね。

わたし自身がお弁当を持って出かける機会なんて、ほとんどないですからね。

料理が得意なわけでもないし。

と、いうわけで、あまり使われることなく、でも捨てられずに、たまに使っていたお弁当箱です。

そんなお弁当箱の出番は、子供たちのお弁当の日でした。

娘に、息子に、このお弁当箱を持たせていました。

しかし、このお弁当箱、いよいよ小さくなってしまいました。

お弁当箱にアメを入れてキッチンに置いていました。

そうまでして、使ってますよアピールしなくてもいいんじゃないかい?

そう思えたので、手放すことにしました。

さようなら。

せめて、子供たちのお弁当箱として使ってあげられてよかったです。

でも、子供たちには、子供たちの選ぶお弁当箱を使ってあげたいと思うの。

そう思う。

だから、わたしが選んだわたしの使わないお弁当箱とは、ここでお別れなんだよ。

そういうこと、でした。

ちいさくなった子供たちのお弁当箱は処分したのに、このお弁当箱は未練がましく取っておいたのです。

自分が欲しくて買ったのに、子供に使わせた後ろめたさでありましょうか。

ではまたー。

トップへ戻る