さびてるから捨てる、という理由で捨てていいと思いました。

SNSフォローボタン

たまに使う。

必要なときにないとこまる。

そういうモノなのだが、さびていてヤダな、と思ったので捨てることにしました。

むかし、実家の缶切りが油でベタベタで、でも缶を切る歯の部分だけは油もついてなくてきれいなんだけど、やっぱりいやだったな、アレ。

実家のアレは、キッチンにぶら下げっぱなしだったんだよな。

スポンサーリンク

さびているモノ

断捨離、ワインオープナー、缶切り

ワインオープナーと缶切りです。

購入後5年から10年てとこじゃないでしょうか。

いまとなっては、ほぼ使わない。

でも、ないとこまるよね?

ないとこまるような気がするよねェ、と思って、捨てなかったけれども。

今回は、夫に相談せずに捨ててみました。

これまで、数多くのモノを捨てるか捨てないか、決断するとき、夫に相談していた40代妻です。

わたし個人のモノはともかく、キッチンに置いてあるモノは、わりと相談してから捨てていました。

夫の意見。

夫が捨てるなというなら捨てない、そんなふうにしていたのですが。

今回は、相談せずに捨ててしまいました。

たぶん、ワインオープナーや缶切りが必要になるのは、半年から1年後、あるいはもっと先なんじゃないかと思うんですよね。

そのときに「ごめーん。もう、捨てちゃったんだよねェ」と残念そうに答えればいいのではないか、と思って。

もちろん、それは明日かもしれないんだけどねェ。

でも、かれこれ1、2年は使ってなかったので、この先もとうぶん使わないと思うよ。

だから捨てたよ、さびてるし。

つぎに必要になったときに買うことにして。

とりあえず、捨てました。

ではまたー。

トップへ戻る