これもういいよ、と子供がいったおもちゃを断捨離。

SNSフォローボタン

子供が「いらない」といい出すのは、突然です。

先日、ふいに小4息子が「これ、もういいよ」といいました。

「え?」とこちらがおどろくくらい、急にいいました。

さし出されたのは、小4息子が保育園でもらったヒモ付きの1本歯ゲタです。

この半年以上、息子のイスの背もたれにかけてありました。

イスの背もたれにゲタがかけてあるって、どーなの? と思いつつ半年ですよ。

スポンサーリンク

1本歯ゲタ、桐の天狗ぽっくり

1本歯下駄、桐の天狗ぽっくり

こうして写真で見ると、つかい込んだ感があります。

思い出しては履き、イスの背にぶら下げていた半年ほど。

1本歯のゲタは体幹トレーニングによいのだそうです。

今年は冬季五輪の小平奈緒選手が、1本歯ゲタを体幹トレーニングに使用しているというので注目があつまりました。

体幹トレーニング、姿勢の矯正にも効果があるのだとかー。

単にバランス感覚だけ、と思っていたので、意外な効果におどろいた40代母です。

とはいえ、ここ数ヵ月は息子が1本歯ゲタを履いている姿を見てなかった気がします。

身長が伸びて、バランスよく履いて歩けるようになったのが小学2年生のころでした。

それから、ちょっと小さい感じながらも履いていたのが去年、小学3年生でした。

たまに、確認するかのように履いて、部屋のなかを歩いていました。

いよいよ小さくなって、1本歯ゲタを手放すことに決めたみたいです。

小学4年生の息子は、いま140センチ弱。

さすがに保育園のころの1本歯ゲタは小さいです。

ヒモがみじかくなって、歩きにくくなっていました。

手放すのも当然と思います。

でも、もし引き出しに入れたままにしていたら、あと1年くらい、そのままになっていたかもしれません。

半年以上、「バンカラか?」と思いつつも、イスの背もたれに1本歯ゲタがぶら下がっているのを見守っていた40代主婦です。

見なれる、とはおそろしいもので、息子のイスの背もたれから1本歯ゲタがぶら下がっているのがあたりまえになっていました。

ゆれると、カラカラと音なんかしちゃってさ。

なれって、こわい。

でも、見なれたモノがその場になるさみしさ。

それから、スッキリ感。

そう、ほんとうにスッキリしましたよ。

やれやれ。

ではまたー。

トップへ戻る