いまどきの修学旅行、わがやの女子中学生はごきげん。

SNSフォローボタン

中3娘は夏休みまえに修学旅行があります。

早すぎない? と思いますが、周辺の中学校とのクジ引きで、順番が決まるとかいう話です。

今年は早い時期にあたったらしい。

小学校もそんな感じで、冬に修学旅行だったんですよね。

まあ、クラス替えもしてないし、おなじ顔ぶれでの2年目だからいいのかな、と。

それにしても、去年の林間学校から半年そこそこってちかすぎませんかね。

スポンサーリンク

班決め、席決め、部屋決め合戦

中学生、スクールカースト

中3娘がいうには「わがクラスにはカーストがない」だそうです。

いわゆるスクールカーストですね。

中3娘のクラスは、フラットなんだって。

本来、カースト上位に位置するであろう生徒が、みんなと仲良くしてくれるから上下関係にならないみたいです。

そんなニュアンスで話していました。

あとは、学校に来ない生徒、クラスに来ない生徒(べつの教室で自習している)がいて、さらに、好かれてない女生徒がひとりいます。

というところまでは、中3娘から聞かされている40代保護者です。

好かれていない女生徒というのは、クラスで浮いている生徒。

具体的にいうと「わたし、女子より男子と仲がいいんです」と自己紹介でいってしまうタイプです。

「わたしって、ブス?」とたずねてくるタイプの女生徒です。

返答にこまりますよね。

ほかにもいろいろな具体的エピソードがあって、同級生としてつき合うには、ちょっとめんどうだなァというタイプの女生徒らしいです。

そう。

つまり、中3娘のクラスの女子間にくり広げられたのは、その女生徒とおなじ班、となりの席、おなじ部屋になりたくない合戦。

だったと思うんですよね、おそらく。

中3娘は去年、その女生徒と応援団員になって不愉快な思いをしたので、今回もいやがっていました。

そして、中3娘はみごとに、その女生徒から逃げ切ることができたのです。

なんだかなー。

ペンション、2人部屋

いまどきの修学旅行って、ちがうなァ、と思ったのはペンションです。

1泊目はホテル貸切、2泊目はクラスごとに分かれてペンションに泊まるというのです。

これがなァ。

ペンションて、部屋割りが少人数ですよね。

中3娘のクラスの女子は、2人部屋から5人部屋に分かれたそうです。

なかよしグループでおなじ部屋になれた生徒は、いいよね。

でも、中3娘がいうには、なかよしグループが解体されて、1人ずつにばらけて振り分けられた生徒もいたという話です。

こういう点では、むかしながらの大部屋のほうが気楽だと思いました。

中3娘のなかよしグループは4人です。

ペンションでの部屋割りでは、2人ずつに分かれて3人部屋に入り、別グループから1人を受け入れて3人になりました。

中3娘的には、満足の部屋割り。

ペンションの部屋割りは、女子も男子も決まるまでに時間がかかったらしいです。

部屋割りなんて、てきとうに決めておいて、現地で入れ替わればいいんじゃないの?

そう思って、口にした40代母です。

しかし、だ。

ペンションに、それぞれ先生が1人ずつ入っているんだって!

ペンションでも、やっぱり見回りするんだって!

ひーえー。

ペンションのオーナーさんまかせじゃないんですね。

さすがです、中学校。

担当係、活動班、バスの席、部屋割り、と着実に決まっていきます。

中3娘にはなっとくの修学旅行です。たぶん。

なかよしグループでの活動、移動、宿泊が決まっているからですね。

修学旅行における不平不満はほぼ聞かされていません。

まー、この年頃は、なににおいても不平不満、批判非難ゴーゴーです。

それを聞かされる、わたくし40代母ですが。

正直なところ、そんなことは日記にでも書いとけ、と思う気持ちがないでもない、あるあるです。

考えてもどーにもならんことを、えんえんと考えてしまうクセがあるなァ。

気持ちを切り替える、って必要なことだなァ、と中3娘のグチを聞いていて、あらためて思いました。

ではまたー。

トップへ戻る