つかわない付属品は断捨離して捨てました。

SNSフォローボタン

多機能なモノを買うと、こまごまとした付属品がついてくることがあります。

でも、けっきょく使わずに、しまいこんだまま。

断捨離を知ってからは、そういう付属品は捨てるようになりました。

使うかもしれないモノは使わない、ってほんとうです。

スポンサーリンク

つかうかもしれない

断捨離、キッチン

いままでも使わなかったし、これからも使わない。

魚グリルつきのガスコンロを買ったときについていた付属品、専用ターナーです。

以前のガスコンロにも付属品としてついていて、ずーっと取っておいて、でもけっきょく使わなくて断捨離しました。

そして、あたらしく買い替えたら、やっぱりおなじような専用ターナーがついてきました。

なんとなく、取っておいたのですが、購入後半年たたずに捨てました。

いちども使っていません。

つかったら便利なのかもしれないけど、調理箸で十分です。

そう思ったから、専用ターナーは使わないまま捨てました。

サンマが折れ曲がって皿にのっていても、気にしない40代主婦です。

専用のモノって、便利で使いやすいかもしれません。

でも、ちょっと不便で使いにくいかもしれないけれど、兼用できるモノを持っているほうが、モノは減らせます。

専用のモノを使うならともかく、わたしの場合はまったく使わないので捨てました。

ほんの少しのスッキリが、いつの間にやら大きなスッキリにつながることを望みつつ。

日々、ちまちまと捨てています。

ではまたー。

トップへ戻る