先生は片づけられない女かもしれない、という疑惑の年度末。

SNSフォローボタン

3月の年度末に、中学生の娘は学年担当の先生方の机、荷物を見る機会があったのだそうです。

そして、浮上した「○○先生は片づけられない女かもしれない疑惑」です。

たしか、それ、去年の年度末にも娘から聞いていたんですよね。

去年の時点で、40代母は確信しておりましたがな。

スポンサーリンク

捨てられない口グセ

捨てられない女、断捨離

「捨てないで。使うかもしれないから」

娘が先生の机から、わりばしを取り出して、「コレ、捨てていいですか?」とたずねたら、こう返ってきたそうです。

それ、「捨てられない人あるある」ですよね。

使うかもしれないから。

ほかにも「ガラクタがいろいろ出てきた」と娘はいっていました。

引き出しから、生徒の名前入り文房具が出てきたとき、娘は「これって、横領!?」と思ったそうです。

娘の覚えたての単語は「横領」なので、使いたがります。

たぶん、先生はあとでわたそうと思って、取っておいたけど忘れてしまったのではないかなァ。

そして、落としもの文房具のなかに、なんだかよくわからない部品が入っていて、これはあきらかにゴミだろうと思ったら、クラスメイトのシャーペンの部品だった、とか。

「それ、オレの!」

見つかってよかったね、それにしても、担任の先生はよく拾っておいたね、と思います。

しかーし。

「なんだかよくわからない部品だけど、とりあえず取っておこう」という考え方は捨てられないタイプの考え方なのです。

わかるわかる、わかります。

わたしも室内で見つかった、ナゾのちいさなバネを捨てられませんでした。

持ちものが多い

また、べつの女性の先生の話として。

その先生は、授業中の忘れものをしたことがない先生だそうです。

そして、いつもパンパンのバッグを2個、腕にぶら下げて教室にやって来るのだ、と。

その話を聞いたときにも、「もしかして片づけられないタイプ?」と思った40代母です。

娘いわく、その先生の机を掃除するために、いったん荷物をダンボール箱に入れてもらったそうです。

すると、用意したダンボール箱に入りきらずに、はみ出してしまった。

荷物、多すぎ。

たぶん、きっと、片づけられない系女子です。

年頃の中学生はきびしいから。

自分のことはさておいて、先生にきびしい目をむけています。

たまらんなァ。

人のふり見てわがふり直せ、でお願いしたいと思う40代母です。

ではまたー。

トップへ戻る