『こぐまのクーク物語』シリーズは息子の愛読書です。

SNSフォローボタン

わが家の小4男子はあいかわらず、ぬいぐるみ男子です。

そして、そんな息子の愛読書は『こぐまのクーク物語』シリーズ。

息子は小1のときから、読み始めました。

すこしずつ、買い足していって、とうとう残り3冊になりました。

その3冊を、ついに買ってしまったのです。

スポンサーリンク

森のキッチンのこと

こぐまのクーク物語

ちなみに、クークのお父さんは「森のキッチン」というお店をしているから、巻末にレシピがのっています。

そして、今回買った『森のレストラン』では、クークのお父さんとクークのお母さんのなれそめ、プロポーズ、「森のキッチン」ができるまで、といった数々の秘話が語られています。

「森のキッチン」店内の見取り図もよかったです。

こぐまのクーク物語、森レストラン

森にはいろいろな大きさのお客さんがいるから、テーブルやイスも専用の大きさになるし、必然的にお店が広くなってしまうんですね。

もっと、こじんまりとしたお店だと思っていたから、おどろいた40代母です。

そんなたのしいクーク物語シリーズも、これでおわり。

ああ、これから小4息子はなにをたのしみに過ごすのでしょう。

週刊少年ジャンプか?

しかし、そんなクーク物語ファンに朗報です。

なんということでしょう。

新シリーズが発行されるというのです。

しかも、あたらしいクークは、なんということだ!

学校に通っているぞ!

どうなのこれ?

小4息子的にはどうなの?

わたし自身は、クークたちにはいつまでも森で遊んでいて欲しい、と思っていたんですよね。

とはいえ、子供の読む本は子供がえらぶ。

きっかけは親があたえたからだとしても、そこからさきは子供自身。

クーク物語シリーズは、息子にねだられて、とうとう最新刊まで買いました。

新シリーズの発行は、うれしい反面、ちょっと不安でもあります。

これからのクークは、学校中心のエピソードになっていくのでしょうか。

クークの読者層を思えば、クークたちが学校にかよっているほうが、自分とかさねて思い入れしやすい、ということになるのかな。

などど考えてしまう、クークの読者層からはずれている40代母です。

ではまたー。

トップへ戻る