男子中学生は母親のとなりの席にすわらない、の巻。

SNSフォローボタン

先日、中3娘とバスで出かける機会がありました。

休日の早朝、バスにはわたしたち以外の乗客は2名しかいませんでした。

われら親子の前方、1人がけシートに男子中学生。

ななめ後方の2人がけシートに女性。

わたしたちの行き先は、Vもぎの試験会場です。

前方の男子中学生も制服姿ですから、行き先はおなじ。

「前の子、1人で来てるね」

なんて、となりの中3娘に話しかけていたんですよね。

スポンサーリンク

親子だった!

バスの車内、中学生

そして、目的のバス停に近づいたとき。

停車ボタンがすばやく光りました。

前の席の男子中学生が押したようには見えませんでした。

娘が押した気配もありませんでした。

「いま、ボタン押した?」

「押してないよ」

そして、バスが停車すると、ななめ後方の女性がササッと横を通りました。

「ああ、おなじところで降りるんだな」と思ったら、前方の男子中学生とならびました。

他人とは思えない距離感でバスを降りる2人。

降りたら、バスの停留所で並んで話している2人。

そうです、親子です。

まちがいなく親子です。

まぎれもなく親子なのに、バス内で並んですわらなかっただけなのです!

つくづく、男子中学生だなァ。

これには娘とヒソヒソと話をしてしまいました。

「親子だったね」

「だね。1人じゃなかった」

「そんな年頃なんだよー」

いやー、男子中学生だし、1人で模試会場に向かうんだなァ、と思って感心していたのだが。

おそらく、わが家とおなじではじめての模試だったんですよ、きっと。

塾にかよっていると、こういう機会に慣れているのかと思うんですけどもー。

そういうのがないと、まったくのまっさらのウブじゃない?

男女関係ないよね。

だれにでも最初はあるよね。

そんなわけで先日のVもぎでは、お年ごろ男子中学生の母親との距離感を、目のまえで見てしまったのでした。

そうか、男子中学生はこんな感じかー、と。

わが家にもいずれ男子中学生になる男の子がいるので、さみしくなる予感がします。

まーねー、バスの車内で男子中学生は母親のとなりにはすわらないんですよ。

そんなもんなんですよ、きっと。

今後の娘はどうなんですかね。

へんに意識しないなら、ふつうにとなりに座るんじゃないかなァ。

ケンカでもしてなければ、となりにすわる気がします。

娘からのものすごい反発は、もう終わったような気がするんですけど、受験期間ストレスを考えるとまだあるかもしれんですね。

気をつけねばー。

ではまたー。

関連記事
Vもぎ回数券がお得だというから買いました。
いまどきの高校受験にぜんぜんくわしくない40代主婦です。 息子が保育園にかよっていたとき、某保育園ママから、塾にかよっていない中3生で...
Vもぎにつきそった40代保護者です。
先週末、中3娘は初のVもぎに参加しました。 Vもぎというのは、高校受験に向けた模擬テストのことです。 県内の多くの中3生が受験す...
トップへ戻る