目のまえでくまカップルがチュッチュして困惑した40代母です。

SNSフォローボタン

小4息子はぬいぐるみ男子。

だいじょうぶ、セーフ、セーフ。

たしか、小2の春に「もう、クマとは寝ない」と別れを告げたはず。

しかし、さいきんまた布団のなかにクマたちが入っているんですよね。

だって数年間ずっと娘の部屋にいたシェリーメイが、ダッフィーのもとに帰ってきたから!

スポンサーリンク

クマのおじょうさん

ぬいぐるみ男子、くまカップル

先週、小中学校ともに下校時間の早い日がありました。

たまたま、その日に所用があった40代母は、中3娘と小4息子に留守番してもらったのです。

そのあいだになにがあったのか、40代母にはわかりません。

どうやら、小4息子がダッフィーの声色をまねて、中3娘の部屋のシェリーメイに呼びかけたらしい。←!?

その日から、シェリーメイはダッフィーとともに過ごしているのです。

小4息子のぬいぐるみたちは基本的にオスです。

そのなかに、シェリーメイというメスクマが。

クマのおじょうさんがやってきたのです。

小4息子はどうあつかっていいのか、よくわからないのでしょう。

まー、それは、わかる。

だって、いままでの小4息子のぬいぐるみあそびは、けっきょくたたかっていましたから。

クマだから!(悲鳴)

ある夜のこと、片手にダッフィー、片手にシェリーメイを持った小4息子は、2匹のクマをこうして、ああして、くっつけて、はなして。

40代母「くまカップルがッ! くまカップルがチュッチュしているッ!」

(ちょっと照れる小4息子)

40代母「そうだね、カップルだからね。くまカップルだから」

くまカップルだから。

すると、どうしたらいいかわからなくなった小4息子が、わたしにシェリーメイをわたしてきたのです。

向き合うオスクマとメスクマ。

どうしたらいいかわからないけど、とりあえず近づくオスクマとメスクマ。

オスクマの手がメスクマの胸をタッチ。

一瞬、母と子に気まずい空気が流れる年ごろです。

あわてる小4男子、いまのはちがうから、そんなつもりじゃないから、とあせるあせる。

つまり、女の子の胸(クマだけど)に男の子の手(クマだけど)が触れるのはマズイ、とわかっているわけです。

だよね!

40代母「そうだね、クマだからね。クマだから」

クマだから、セーフだよね。

けものだからね。

そんなやりとりを40代夫は無言で耐えていました。

中3娘のシェリーメイは、スカートとパンツしか着用していないのですが、小4息子から上着の着用を提案されました。

そうだね、丸出しはよくないよね。

そのあと、くまカップルは地震におびえるメスクマをオスクマが守ったり、オスクマの止まらないオナラ、にぎりっぺ、爆発、等々あって、おなじ布団にタテにならんで寝ました。

小4息子がなにをしたいのか、いまいちわからない40代母です。

もはや小4息子にも、くまカップルになにをさせたいのかわからないのでしょう、たぶん。

思うに、小4息子になにかめばえているような気がします。

小4息子の心の中にめばえたなにかから、くまカップルの誕生となったのではないでしょうか。

いろいろな意味で、ドキドキします。

だいじょうぶか、息子よ。

ではまたー。

関連記事
小学4年生の息子はまだぬいぐるみとつみきで遊んでいるのだが。
たしか去年、つみきを片づけようと思ったんですよね。 当時の息子は小学3年生、そろそろ、つみきもいらないんじゃない? ところが、い...
ぬいぐるみ男子の息子、その遊び方。
現在小2の息子は、ぬいぐるみが好きです。 シンプルライフにぬいぐるみは合わないのだよ。モフモフ そうはいっても、誕生日に、水族館...
トップへ戻る