中3娘が余裕かましてきた1月下旬のあれあれこれこれ。

SNSフォローボタン

受験生、中3娘は気分の上下がはげしいです。

私立高校受験前のあと出し発言は、合格によってなかったことになっているような今日このごろ。

今週の月曜日には、私立高校受験の結果がわかっており、担任の先生へ報告することになっていました。

中3娘が某私立高校の進学コースへの合格を、担任の先生に告げたところ「すごいね」といわれたそうです。

「すごいね」→中3娘の機嫌3up! ↑↑↑

呼び出される生徒、呼び出されない生徒

中3娘のかよう公立中学校では、さいごの実力テストが期末テストを兼ねておりまして、このテストの結果で最終的な志望校決定をするのですね。

校外のVもぎやSもぎを受けていない生徒の場合、この実力テストだけが志望校決定の指針になるわけです。

それじゃあ、あてにならないから、郊外のテストを受けたほうがいい、ってことなんですけど。

それで、中3娘はVもぎを受けつづけてきたわけでしてー。

で、その実力テスト前日に、呼び出された生徒たちがいたのだそうです。

中3娘のクラス、約35人中10数人。

しかも顔ぶれが多彩だったから、どんな理由で呼び出されたのがナゾだったのだそうです。

つまり、中3娘は呼び出されなかった生徒のひとりでした。

中3娘は呼び出しを受けた生徒のひとりに、呼び出しの理由をたずねたのだそうです。

すると、「志望校の点数に足りてないから、明日の実力テストがんばってね」呼び出しだったのだ、と。ヒエー

中3娘、呼び出しなかった、点数足りてる、セーフ、よっしゃー。

そういう流れで、中3娘の気持ちが安定しています。

あー、よかったー。←これは40代母の心の声

もしもさ、これでさ、中3娘が「呼び出される側の生徒」だったとしたら、そりゃあもう、たいへん、荒れ狂うよ、中三娘の心の中。

それが、担任の先生へのののしりとなって、40代母の目のまえでぶちまけられるわけですよ。

それはそれは、はげしい、いきどおりとくやしさと、そして、泣いちゃう。

中3娘、泣いちゃうからね?

それをなぐさめる40代母の身にもなってくれよーん、と思うわけですよ、センセェ。

そんなわけで、今回はセーフ。

ほんとうに、よかった。

たすかった。

12月の時点で実力テストの点がはね上がったこと。

これが、担任の先生に安心感を与えたのだろうと思います。たぶん。

ありがてぇありがてぇ。

ほんに、おありがてぇことでございましたよ。

さて、最終的な志望校決めがあったので、中3娘にたずねてみたところ、この時期に志望校が決まってない生徒もいるというのです。

え? この時期になっても?

と思ったのですが、この時期にもまよっている生徒はいる、というのですね。

そしたらさ、担任の先生は安全確実をすすめてくるような気がするのよ。

むずかしーなぁー。

中3娘の高校受験は、某県なので、ちょっと、特殊なんですよね。

また変わることになってますけど。

ぶっちゃけ、2回チャンスがある受験方法なんですよ。

これがまた、くせもので、チャレンジ受験なんていいかたがあるくらいで、1回目の受験をチャレンジしてダメだったら、2回目を堅実な高校にすることができるわけでして。

たとえば、中3娘の友達は、あこがれのA高校から、B高校に志望校を変えました。

B高校がダメだったら、C高校に志望校を変える予定なのだそうです。

いやいやまてまて、C高校といったら、中3娘の受けるD高校とならぶ偏差値なんですよ。

その友達、中3娘より成績のいい生徒なんです、よ?

2回目をぜったい確実な安全高校にするとなると、そういうことになってしまうんですけど、いいのだろうか。

なんかこう、メンタルにゆさぶりをかけてくる受験方法だなー、と思います。

だから中3娘には1回目で合格しとけ、と話していました。

1回目で受からないと、中3娘は心がやさぐれます。マズイです。

そして、志望校を下げるような発言をしそうな気がします。ヤバイです。

だから中3娘には、とにかく、気をしっかり持って、志望校をきちっと決めてぶれるな、ということをいいつづけてきました。

まぁ、から元気みたいな感じで、あらためて言葉にすると、自分自身にいい聞かせているような気もします。

志望校を下げていく話を聞いた翌朝、夫に「われわれは無謀なのであろうか、チャレンジャーだね、腹くくってるね」などと話しました。

まー、腹くくって、前期後期とおなじ高校を受けてもらう予定です。

前期に不合格だった場合には、中3娘がショックのあまり、判断力が落ちている可能性が想像できます。

だから中3娘に平常心の状態で考えてもらって、導き出したのが、前期も後期もおなじ高校という判断です。

だいたいさ、「下げればいい」って中3娘が思っちゃったら、勉強に身が入らないですよ、あの娘さん。

だから、あとは、インフルエンザとか交通事故とか腕の骨折とか、当日の事故とか、人生の思いもよらないとんでもない出来事が、このタイミングで起こらないことを祈っています。

もう、祈りに突入しています。

ではまたー。

ぐるぐる広告336
スポンサーリンク

ぐるぐる関連コンテンツユニット

こちらの記事もどうぞ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る