おそく起きた朝には、夫と娘がなかよく語り合っているという理想的な光景について。

SNSフォローボタン

週末は朝寝坊をすることの多い40代主婦です。

そんなこともあって、土日の朝はパン食に決まっています。

もっとも、グルテンフリー中のわたしはパンは食べていませんが。

パン食のよさは、夫が勝手に食べてくれることです。

ごはんは炊いてくれないけど、食パンをトーストしてくれる40代夫。

子供のためにトーストと玉子焼きくらいは用意してくれる40代夫、すばらしいな。

週末の朝、キッチンからもれ聞こえる話し声

ボダム、フレンチプレス0.5L

おそく起きた朝に、布団の中でもだもだしていると、キッチンから話し声が聞こえます。

小学生の息子はまだとなりで眠っているから、話しているのは夫と中学生の娘だとわかります。

話の内容まではわからなくて、会話のあいだに、ときどき短い笑い声がはさまります。

おだやかな話し声です。

そんなのを聞いていると、よかったなぁ、と思います。

夫はわりとおだやかなほう。

夫は睡眠不足で眠いときは、とっても不機嫌になります。

それ以外は、おだやか。

睡眠不足と思春期のはじまる予感

いま中学3年生の娘が、小学6年生のころ。

もうそろそろ、いつ生理がはじまってもおかしくないな、と思っていました。

小学校で急に生理がはじまったら、保健室に行くように、と娘にはいってありました。

それから、そのころ、夫は疲れていました。

なぜ疲れているかというと、夜ふかしをしているからです。

夜ふかしをして、会社に行って、帰宅して眠い、週末も眠い。

よく覚えていないのですが、だいたいそんな感じ。

寝不足な夫は機嫌が悪くなるのを、40代妻は知っています。

でも、子供たちはおかまいなしですから、夫をそっとしておいてはくれません。

夫はがまんして限界まで子供たちにつき合って、さいごにキレる、とくり返していたころです。

おこる必要はないのに、おこりだす。

わたしですら夫にどなられたことがないのに、娘や息子は夫からどなられるのです。

子供に原因はなくて(強いていうなら、寝ている夫にちょっかいを出すのはマズイ)、夫の睡眠不足の問題と、がまんして子供につき合わなくちゃいけないと思っている夫自身、だったのかなー。

夫はそんな状態で、でもそんなことに関係なく、娘は思春期に突入しつつありました。

すくなくとも、40代母はそんなふうに感じていて、娘のイライラや爆発も、初潮前のホルモンバランスの影響があるのだろう、と考えていました。

娘が夫に話しかけて、睡眠不足の夫がうるさそうに対応して。

そんなやりとりを、当時、あぶなっかしく感じていた40代主婦です。

夫の不機嫌は、あきらかに寝不足からなんですよね。

わたしはそれを理解しているけれども、子供たちは理解できていない。

また、夫自身も子供たちへの対応にいらだっている理由が、子供たちのせいじゃなくて自分の睡眠不足だってわかってない、という感じ。

夫、あやうし

ポケモンマグ

そして、あるとき、わたしは夫に話しました。

そろそろ娘は思春期に入る、おそらく生理も始まる、そういう時期には感情の起伏がはげしくなるだろうし、親としてはイラッとしたり、頭にくることがあると思う、でもそれはホルモンバランスのせいだから、いっしょになって頭にきて怒ったりすると、とりかえしがつかない関係になるかもしれない。

気をつけて、と。

あわせて、あるいはそのまえに、寝不足のときの機嫌の悪さについての指摘もしたと思います。

その翌日か、翌々日とか。

とにかく、わたしが娘の思春期について、夫に話したすぐあとのことです。

夫が「あぶなかった、たすかった」というのです。

なんのことかと思ったら、娘とのやりとりでした。

夫はその晩も、娘とのやりとりで、イラッとしてどなりそうになったけれど、わたしがいっていた「思春期」とか「ホルモンバランス」とか、そんな話を思い出して、思いとどまったのだそうです。

40代夫「あぶなかった、ああいう話を聞いていなかったら、どなりつけていたと思う」

うろおぼえですけど、そんな感じ。

わたし、そういうところにヘンに勘が働くことがあるな、と我ながら思う。

なんだろう、とにかく生意気なことをいう時期だから?

寝不足の夫の不機嫌と、思春期の娘に特有の挑発的な生意気発言という、最悪な組み合わせ。

なんとか回避できたみたいです。

その後ももちろん、いろいろとあるのだが。

そんなわけで。

週末、おそく起きた朝、キッチンからおだやかな2人の話し声が聞こえると、やれやれよかったなぁ、と思うわけです。

ではまたー。

ぐるぐる広告336
スポンサーリンク

ぐるぐる関連コンテンツユニット

こちらの記事もどうぞ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る