ケチという共通の趣味から仲のよかった嫁姑の話。

ブタ貯金箱イメージ つぶやき

まー、あのー、例によって例のごとく、むかし小耳にはさんだ話なんですけどォー。

えー、話してくださったのは、姑さんと仲のよくないほうのお嫁さんです。

立場的には兄嫁の人です。

そして、弟嫁の人がお姑さんと仲がよかったんですね。

ケチ同士、気が合ったからね。

 

兄嫁さんはさいしょ同居していて、のち別居。ムリモナイ

別居後の話もおもしろいんですけども。

バブル時代にそんなことが起こっていたんですか? という。

でもまァ、いつの時代も、嫁姑問題はございますわな。

ケチ同士なかよしの嫁姑関係が、一転したひとこと

ブタ貯金箱イメージ

わたしの聞いた話ですと、兄嫁さんは浪費家です。

浪費家といってもね、じっさいのところはつかう分だけは稼いでいる人です。

だから、まー、つかってもいいんじゃないのォ、自分で稼いだお金なんだし。

華やかな人なんですよね。

 

でも、ケチなお姑さんというものは、お嫁さんが自分で稼いだお金だとしても、浪費は浪費、ゆるせないらしいのです。

というわけで、兄嫁さんとお姑さんは気が合いませんでした。

そのあたりは、ケチとか浪費家とか関係なく、よくあることです。

 

で、いっぽうの弟嫁はといえば、ケチなお姑さんがほめるくらいのケチで、ケチ同士気が合って仲よしだったのだそうです。

疎外される兄嫁さん。

 

ところが、あるとき、お姑さんが入院しました。

兄嫁さん、弟嫁さん、と家族中がお見舞いに行きます。

「それがね、弟嫁がお見舞いに来てなんていったと思う? 『車代ください』だって。さすがのお義母さんもそれを聞いたら、いやになっちゃったみたいね」

入院先は県内の病院です。

「(お義母さんが)『わたし以上のケチだよ』って弟嫁をほめたこともあったのにね。自分がそんなこといわれたからって、怒ってるのよォ」

と兄嫁さんはいうのでした。

 

ケチな人は、他人のケチが自分の身に降りかかってくるのをゆるせない。

ということでしょうか。

他人のケチみて、わがケチなおせ、みたいな。

そのお姑さんも、すでに鬼籍に入っておられます。

 

ではまたー。

 

タイトルとURLをコピーしました