双眼鏡で月を見ています。

三日月イメージ 暮らしを楽しむ
スポンサーリンク

月を見るなら、望遠鏡だと思っていました。

しかし、双眼鏡でも月ってはっきり見えるんですよ。ビックリ

これには、息子よりも夫が興奮していました。

 

双眼鏡で月を見始めたのは、新月を過ぎてからです。

しかも今の時期は、昼間に月が見えて、夜には月が沈んでしまうので、見ようとしたときに見つからなかったのです。

新聞に載っている、月の出、月の入りを見て、月の出ている時間がこんなに変わるんだー、とおどろいた40代夫婦です。

スポンサーリンク

おとなのほうが夢中になってしまう

三日月イメージ

双眼鏡は、息子がクリスマスプレゼントにもらったものです。←サンタさんから

冬休みには、夫と息子が近所の池に行って水鳥を見たり、猫を見たりしていました。

夜になって、思い出したように月を見たり。

 

夜の月を見たり、昼の月を見たり。

まー、夫には、まちがっても1人で双眼鏡をのぞいて通報されないように気をつけて~、と伝えています。

くれぐれも、息子とならんで双眼鏡を使うように、と。

 

いや、双眼鏡ね、たのしいです。

細い新月を夜見て、アッ、月の暗い部分まで見える、というおどろき。

そういうを見て、おおーッ、となるのって大人の方だったりして。

夫婦でならんで、双眼鏡をのぞきあっています。

双眼鏡って、メガネなしでもはっきり見えるので、それもよいです。わずらわしくなくて。

 

手ごろな、そんなに倍率がすごいわけじゃない双眼鏡(息子のは7倍)でこんなに見えるんだー、と。

そんなふうに感心していたある日。

電車で隣に座った年配の男性が、熱心に望遠鏡のカタログをご覧になっていて、なるほどなー、夢中になっちゃうよねぇー、と妙に納得したのでした。ワカルワカル

 

ではまたー。

 

タイトルとURLをコピーしました