いよかんの皮をむきながら、思うことには。

いよかんイメージ つぶやき
スポンサーリンク

子供が自分で勝手に食べるくだものって、ミカン、バナナまでかなァ。

いよかんになるとね、自分では皮をむいて食べないんだけど、大人が皮をむきはじめると近づいてくる感じ。

夫も、たいていはバナナまでです。

ただ、わが家はリンゴが山ほど送られてくるので、リンゴにかぎっては夫も包丁を持ち出してせっせと食べます。

スポンサーリンク

だれかが皮をむいてくれたころ

いよかんイメージ

わたしの場合は、祖母です。

祖母というのはすごい存在で、ちまちまといろいろなことをやっておいてくれるのです。

にもかかわらず、孫の思ったとおりじゃないと、孫が怒りだしたりするんだから。

 

ある秋に、「冷蔵庫に栗がむいてあるよ」と祖母がいいました。

冷蔵庫を見ると、わたしの茶碗に皮をむいたゆで栗が山盛りになっていました。

当時、わたしは高校生でした。

上の兄2人は家を出ていて、すぐ上の兄とわたしの2人だけが、祖母にとって家に残っている孫でした。

 

いま思うと、世話を焼く対象が2人になっていたんですね。

すぐ上の兄はバイトばかりして、あまり家にいませんでした。

そのゆで栗も、わたしの分だけでした。

 

祖母は、自分でも皮をむいたゆで栗をつまんで食べたでしょうか。

子供にいよかんの薄皮をむいてあげながら、自分の口に運ぶのを忘れていた40代母です。

わたしのむいたいよかんがボウルに入るのを待って、小さな手が伸びてきます。

 

わたしはすっかり、皮をむいてあげる側になって、薄皮までむいてあげるのは過保護ではあるまいか、と思いながらも、やっぱり祖母がしていたように薄皮までむいてしまいます。

高校生のわたしに、皮をむいたゆで栗を食べさせてあげようと思った祖母の気持ち。

(その年がわたしがおなかいっぱいゆで栗を食べた最後でした)

 

思うに、わが家の子供たちにとっての祖父母は、そういう存在じゃないんですよね。

いっしょに暮らしていない祖父母というのは。

わたしの場合、父が婿養子だったので、いっしょに暮らしていた祖母というのは母方の祖母です。

 

順番だから。

いまは、わたしが皮をむく番です。

自分がいよかんを食べるつもりで皮をむきはじめたのに、なぜだかきれいにむけた分をボウルに入れてしまいます。

匂いに気づいたのか、子供がやってきてボウルに手を伸ばします。

口いっぱいにいよかんをほおばる子供を見て、満たされる年になった、と申しましょうか。

 

ときどき、そういうおだやかな境地にいたることがあります。

ゆきつもどりつですけれど。

子供の食べる姿はよいものです。

(暑さ寒さも彼岸まで)

 

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました