中学校の体育祭で応援団に入った娘。

運動会、万国旗イメージ 中学校のこと
スポンサーリンク

手をあげる生徒がいなかったからって、あなたが手をあげなくてよいのです。

保護者の役員決めにおいてすら、目を合わせたら負け、ってあるからね。

2日くらい応援団員が決まらないからって、娘が手をあげる必要はないと思うんですよね。

 

本心はやりたいのか、なんなのか。

週末はえんえんと、応援団に対する不安を聞かされた40代母です。

スポンサーリンク

娘が体育祭の応援団員に決まったという

運動会、万国旗イメージ

つまり、朝練です。

6時に起きて、7時に登校。

最悪でも6時40分には家を出ないと、応援団の朝練に間にあいません。

 

娘が加入している某文化部の朝練みたいに、生ぬるいことはしないよ! たぶん。

体育会系のノリでしょ?

大丈夫かね? 娘よー。

 

応援団員に決まった娘のために、40代母がすべきこととはなんだ?

えッ、わたしがなにかしなくちゃいけないことがあるの? えー?

というのが正直な気持ちです。

体育祭の応援団員なんて、わたしの人生に縁のないものでございますれば。

 

ねーねー、応援団員の母ってなにするの? と疑問だらけの40代母です。

娘の話によれば、平応援団員はただの体操服上下。

詰襟とか、羽織とか、そういうのはないそうです。ツマラン

応援団団長だけが詰襟だか、羽織を着るらしい、です。

つまらないけど、ほっとしました。

 

あとは、いま以上におなかがすくと思うから、ごはんの量が増えるという予想。

体育祭までの約1ヶ月、娘の早起きと娘のグチに振りまわされる気がします。

たかが1ヶ月ですから、耐えろ自分。

 

娘は、もしかすると、なんだかんだいって応援団に入ってみたかったのかなァ、とも思えるし。

ただ、自信がないだけなのかなァ。

本気でいやがっている顔じゃないですよ、あれは。

 

まー、今週から始まるという応援団活動。

体育祭までの1ヶ月ほど、早起き協力をがんばります。

娘のグチにも耐えてみせます。オー

 

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました