母の日、4人でUNO、3人でUNO。

UNO、ウノのカード、イメージ。 子育て
スポンサーリンク

今年の母の日、とても久しぶりに4人そろってUNOをしました。

わたし、夫、中2娘、小3息子。

ちかごろ息子がUNOをしたがり、わたしや夫が相手をしていたのです。

2人UNOはそれほど楽しくない、と不評。

せめて3人UNOがしたい息子なのです。

しかし、先日の母の日には特別、4人UNOが開催されました!

スポンサーリンク

4人でUNO、3人でUNO

UNO、ウノのカード、イメージ。

さて、夫は2回目のUNOでダウン、眠りにつきました。ハヤイヨ

その後も3人UNOが続きます。

 

なんというのかな、夫はゲームに関して無頓着です。

もっとさ、気をきかせて子供たちに勝利をゆずってあげなよッ!

+4、+2なんて、出していったら、小3息子が涙目でしょーがーッ。

大人げない神経衰弱。スマナイ

 

いやしかし、息子はわりと涙をこらえます。

もし、これが小3当時の娘だったら、怒る泣く終了ってなっていたと思うんですよね。

もうね、娘の負けず嫌いがうっとうしい時期がありました。

「かーちゃんとはにどとUNOやらないッ!」

そんなことをいわれた記憶の残る40代主婦です。スマナイ

 

そして、母の日の夜、3人UNOで息子が上がったあとは、母と娘の因縁の対決となったのでありました。

さっさと娘に上がって欲しい40代母。

息子が抜けたあとは、一山をめくり終えて、捨て札を切り直して山札にしました。

それを2回くらい続けましてね。

 

さすがにおかしいじゃない、もう、だらだらなのよ、われわれ。

そしたら、娘の札がペロンて見えて。

「ふァッ!?」←40代母の口から言葉にならない声がもれました。

娘の照れ笑いから、札が見られたのを気づいたことがわかります。

 

40代母「なにそれ。みどり持ってるじゃん。え? あれ? なんで出さないの!?」

もうさっさと終わりにしたかった40代母には理解できん、娘の手札。

さっき、みどり地獄でめくってもめくっても出なかったんですけどォー?

そのとき娘も山札をめくりまくってましたよね???

娘「いやね、なんか、あつめちゃってさ」ハァ?

40代母「なんなの。出してよー」ワケワカラン

そのときのUNOは30分以上、続いていたとですよ。

 

そこから、どうにかふつうにUNOして、娘が勝って。

娘「2位になったの、久しぶりじゃね? いままで家族でUNOしても3位とか4位ばっかりだった」←うれしそう

40代母「圧倒的に回数が少ないんだよ。かーちゃんはいままでやったUNOの回数なんて覚えてないよ。勝ったり負けたりなんだよ」

娘は負けず嫌い

娘はねー、勝てばうれしい、負ければくやしい、ってトランプでもUNOでもいちいちこだわって最終的に機嫌が悪くなって終わるのでした。

だから、娘とカードゲームをするのは楽しめなくて。

今回もすごく気をつかって、そのあげくに、みどりを集めていた、だと?

どうやら娘は、こうされたときのためにこのカードが持っていよう、みたいに作戦を立てるあまりに、出す札が見当たらなくなる状態らしい。

勝つ気あるのか?

 

今回のUNOでは、娘の12枚取りもあって、それでも娘が怒り出さなかったので。ホッ

いや、だって、そういうのがUNOの盛り上がるところなわけで、+2、+4が手札に来たら「よっしゃ」って思うのが正しいゲームの楽しみ方だと思うのですが、子供とのUNOだと本当に出しにくいカードなんですよね。

子供とUNOをしているときは、+4なんて来てもうれしくないのよ。

 

ゲームって、人間性がわかるといいますが。

娘のゲームにたいする負けず嫌いな態度が、親としては「大丈夫かな」案件でした。

その感覚で、友達とトランプやUNOができるの? と思ってました。

 

まー、大丈夫そうです。

親が心配するほどのことではないわな。

 

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました