皿は割れるもの、使えば割れる、洗えば割れる。

割れた器、割れた皿 家族の食器
スポンサーリンク

先月、今月と皿が割れています。

皿は使えば割れるもの。

皿は洗えば割れるもの。

そのくらいの気持ちでね、息子の皿洗いをほほえましく見守ったり、夫の皿洗いに感謝したり。

そういうわけだから、わたしが割ったわけじゃないからッ。

スポンサーリンク

4枚そろっていた皿が、3枚に

割れた器、割れた皿

4人家族、4枚そろって、4等分。

しかし、3枚になったからといって、すぐに買い足す気持ちがわいてこない。

そもそも皿って、わたしがそーんなにこだわらない部分なんですね。

欠けている皿を使うのはいやだけど、食器を統一するこだわりもなく、食器を買う癖がありません。

割れた器、割れた皿を捨てる

わたしはこれまでに、マグカップをどれだけ買っただろうか?

と問いかけてみますと、3個しか思い出せないのです。

そのうち2個はいま使ってるムーミン。

残るひとつは小学生のときに買ったホーローのマグカップの記憶。

 

コップに関しては、5個。

いま使ってるのが4個。

 

ごはん茶碗や湯飲みはもう少し買っていると思いますが、自分が選んで買ったものというのは、食器に関してはことのほか少ないです。

実家にいたら、食器なんて買う必要がないですし。

食器、タオルはもらって使うもの。

いただきもので、十分まかなえてしまう、それが食器。

そんなすりこみがあるような気がします。

 

ガラス食器のすてきなのがあったら、欲しくなる気がします。

でも、いまある食器で十分な生活だから、すてきと思っても買わないんじゃないかな自分。

いやまて、生活をすてきにするために、いまある食器を捨てて買い替えるのが正しいんじゃないかな。

正しいのかな?

だいいち正しくなければいけないのかな?

ものの判断基準をどこにおくかね?

とかなんとか考えているうちに、皿のことなんてどうでもよくなってしまうわけなのです。

 

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました