ダンボール箱が捨てられないのは、こんなときです。

ダンボール工作、帆船 子育て
スポンサーリンク

ダンボール箱を見たら、捨てなくちゃ、と思う40代主婦です。

しかし、小3息子にとって、ダンボール箱は捨てる対象ではありません。

捨てるなんてもったいない!

遊ばなきゃ!

なにを作ろう?

スポンサーリンク

くまさん一家、船に乗る

先週末、小3息子がなにやらダンボール箱で作り上げたのがこれです。

ご存知、シルバニアファミリーのくまさん一家が船に乗りました。

帆船です。

小3息子は、扇風機で風を当てて「進まない」といってました。

ダンボール工作、帆船

「紙コップ、使ってもいーい?」

と聞いてきたのは、見張り台のためだったんですね。

ダンボール工作、帆船

この船には、ミサイルが積んであります。

くまさん家族のみんなが、ミサイルを撃てるんだって!

本家シルバニアの世界観とちょっとちがう、小3男子の頭の中。

さすが、ぬいぐるみ男子とはいえ、戦闘好きですね。

ぬいぐるみ男子の小3息子の遊び方。

 

今週末には車をつくる予定があるそうです。

ダンボール箱を目の前にした、子供の創作意欲が止まりません。

ということは、残ったダンボール箱の切れはしも、とっておくよね、捨てないほうがいいよね。

今週の資源ゴミの日、ダンボール箱を見逃すことにしました。

 

子供があたらしいダンボール箱を見つけて、目を輝かせるのはある一時期だけ。

いま中2の娘は、ダンボール箱なんて見向きもしません。

ああ、あの頃あんなにも「ダンボール箱を捨てるな」と泣き叫んでいた娘だというのに。

 

いまだけ。

あとになれば、興味を失っていくもの。

そう思うから、むりやりダンボール箱を捨てることはしません。

完成品をいつまで取っておくか、については悩むところですが。

小3息子の気がすむまで、置いておきます。

 

「これ、捨てていい?」

たずねてみると、わりあいにあっさりと「捨てていいよ」という言葉が返ってきます。

子供の性格でしょうか。

だから、まぁ、あとしばらく、ダンボール箱は保留です。

夏休みは創作意欲がかきたてられる時期でもありますし。

ダンボール箱ばかりを目のかたきにせず、別の場所を片づけます。

 

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました