写真データの捨て活が果てしないので休憩中です。

カメライメージ 捨て活
スポンサーリンク

デジカメは、写真文化を変えたよね。

とりあえず撮っておく、ということができて、かずうちゃ当たるとばかりに撮りまくったあげくがこれだ。

という状態の、写真フォルダをながめて、がくぜんとしておるしだいであります。

スポンサーリンク

チェックポイントは、自分

カメライメージ

もう、これはある意味、終活だから。

自分のゆるせる自分だけを残しておくんじゃー。

となりで子供がすてきな笑顔だとしても、自分の写りがわるかったら即削除じゃー。

そういう、自分本位で写真データの捨て活を始めました。

 

いまのカメラから約2年分。

たまってます。

あたらしいカメラに調子づいてしまったみたいに、写真データがたまっています。

それを、さくさくと消していって、2015年分は終了。

2016年になって、ほぼ毎日のように写真を撮っているのはブログのせいです。

 

過去への追憶、はんぱない。

1、2年ですら、こんなよ。

子供たちの表情が、ずいぶんかわったなーとか。

自分を客観的に見るには、写真って容赦ない、残酷だな、と。

スマヌスマヌとだれとなくわびて、さくさく削除。

スンマセン、自分が見るにたえなくて。

写真を撮りっぱなしにしない

ある人が、1年に1日、写真を整理する日をもうけている、という話があって。

その日に1年分のアルバムを作って、それでその年1年の写真を終わりにするのだ、と。

たしかに、そのくらいの時間のかけ方をして、それでもうおしまい、としたほうがスッキリするだろうね、と。

厳選された写真でアルバムを1冊作って、おしまい。

 

1年に1冊って、手帳みたいな感覚である。

イベントが多かろうが、子供が増えようが、1年に1冊。フムー

きっちりまとめができると、これでおしまい、と区切りがついていいですよね。

 

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました