感動したサービスって、ありますか?

カメライメージ 暮らしを楽しむ
スポンサーリンク

先日、ソニーのデジカメが修理からもどってきました。

そして、修理の明細書とともに、アンケートのご協力のお願いがありました。

そのアンケートを「そのうちに」と思いながら、放置していたら、留守番電話にその後のデジカメの様子はいかがですか、というおたずねとともに、アンケートへの協力お願いしますねメッセージが入っていたのです。

そんなに熱心にアンケートの回答を求めているみたいなので、アンケートに答えました。

スポンサーリンク

感動したサービスとは?

カメライメージ

アンケート自体は、ありきたりな質問でした。

満足したか、満足しなかったか。

満足した理由、あるいは満足しなかった理由はなにか?

みたいな、ごくありきたりな。

 

でもさいごに、「あなたがいままで感動したサービス(修理にかぎらず)についてお聞かせください」という内容の質問があったのです。

感動したサービス。

サービスによって感動する、心を動かされた記憶。

われわれはサービスのなにによって感動するのであろうか?

サービス、サービスゥ。

 

こういうところをたずねてくるのかー。

いや、そもそも、それがわからずにして、サービスをしておるのかね? ←というわけではないよね

へー、と(この意表をつく質問にたいして)感心して、考えてみました。

 

期待していたサービス以上のサービスかなァ。

予想外のサービス。

えッ、こんなことまで? みたいな。

そんな強欲な消費者を満足させるサービス?

 

まー、それで、わたしが「そういえばー」と思い出したのは、3DSですよ。

ニンテンドー3DSといえば、任天堂の修理の神対応がすばらしい、との評判です。

わがやでも、かれこれ3、4年ほどまえに3DSを修理に出したことがありました。

忘年12月、年末に近かったことを覚えています。

 

年末年始の帰省にはまにあわないかもしれない、と当時、小学生の娘にいい聞かせていました。

こまかいことは覚えていないのですが、3DSは1週間とたたずに修理されてもどってきました。

そして、修理を依頼した場所とはべつの、ヒビの入っていた部品も交換されていました。

 

修理を頼んでいるのだから、そこが直っているのはあたりまえです。

でも、こんなところまで、ちゃんと直してくれているんだ、さっすが任天堂、やっさしーい。

サービスでうれしいよろこびって、そういうところですかね。

 

こんなおまけがつくよ、っていうのじゃなくて、そういうサービス。

今回のデジカメ修理については、そういう意味で満足したんですよね。

 

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました