アンケートに当たる40代夫。

テレビイメージ 暮らしを楽しむ
スポンサーリンク

40代夫はもしかすると今年、アンケートの当たり年なのかもしれません。

5月末の家計消費状況調査の依頼も、たまたま出かけようとした40代夫が玄関先で調査員の人に声をかけられたのです。

そして先週末、40代夫はまたしても玄関先でバッタリ、しつこく声をかけられました。

しかも、それ、先週わたしがことわった、ビデオリサーチ。

スポンサーリンク

うちはァ~、テレビないからァ~

テレビイメージ

このブログでもくり返しているとおり、わが家にはテレビがありません。

まる6年、テレビのない生活を送っています。

テレビ映像を見るのは、出先でテレビがついていたときだけです。

電気屋さんとか、病院の待合室ですねェ。

あとは、実家。

 

そんなわが家に、ビデオリサーチですよ?

視聴率調査ですよね、むりむりー。

わたしが調査員さんに対応したときは、「テレビがないんです」といったら、あっさり断れたんですけども。

ご対面するとことわりにくい

ところが40代夫は、外出しようと玄関ドアを開けたところで、調査員さんにつかまってしまったのです。

玄関ドアを開けたまま、40代夫が対応しているようすが聞こえてきました。

しかも、調査員さんの声が高いので、筒抜けなんですよね。

そーか、それが、ビデオリサーチの調査員さんの泣き落としテクですか? ヘー、ホー

なんだかなァ。

 

5月に40代夫が引き受けた家計消費状況調査では、後日、調査員さんの態度について、アンケートはがきが送られてきました。

ビデオリサーチも調査員さんの態度に関して、アンケート調査をして欲しいですねッ。

 

というわけで40代夫は、かの有名なビデオリサーチのアンケートに回答することになったのです。

「自宅にテレビがない」のは、アンケートの回答に「見ていない」「知らない」等々をえらべばいい、との調査員さんからいわれていました。

わたしはビデオリサーチと聞いて、自宅のテレビになにか機械を取り付けて、視聴率調査をする(?)のかと思っていました。

ふつうに、記述式のアンケートでした。

内容は口外できない

この記述式のアンケートというのが、なかなかのくせものでして。

厚さ3ミリくらいの冊子なんです。

パラパラとめくって、見たところ、すごーくこまかい。

 

こんなことをひとつひとつ、えらんで丸つけていくのー? というくらい。

ま、世の中にはNHKしか見ない人もいるわけですし、時間帯によってはまったく知らない、見ていないこともありますよね。

 

で、かなりの量のアンケート内容なのですが、気になるのは謝礼ですよね。

今回のビデオリサーチのアンケートの謝礼は、商品券1,000円分でした。

 

アンケートの量から考えたら、1,000円って安いんじゃないかな。

40代夫の場合、「知らない」「見たことがない」等々を選択していますから、くわしい質問に答えることなく、つぎつぎと質問をとばしていけたんですよね。

そうでなければ、答える項目が多く、掘り下げて質問されるので、ぜんぶ回答するまでにもっと時間がかかっていたと思います。

家にいながら収入の機会が飛びこんでくる

夜に、夫はアンケートの回答を記入しました。

なにしろ3ミリほどもある小冊子なのです。

「知らない」「見たことがない」ばかりでも、30分以上の時間がかかります。

「もしテレビで見ていたら、つながる質問にぜんぶ答えるわけだよね。これだけの質問があったら、1,000円は安いよねぇ?」

わたしがそういうと、40代夫が答えました。

「1,000円を稼ぐために、収入先を探しまわるって考えたら、安くないよ。向こうから、やって来るなんて、そうそうないから」

なるほど、そうですね。

 

5月に依頼された家計消費状況調査もそうでしたが、今回もあちらから飛びこんできた収入の機会なのです。

どちらも、40代夫が外出しようとして、玄関先で声かけされる、というパターン。

40代夫が引き寄せているのでしょうか?

おもしろいですね。

 

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました