息子が寝るまえのはなし、ヘソだしけけ。

息子のぬいぐるみ、ダッフィー、リラックマ 語り聞かせ
スポンサーリンク

先日、息子がへそを出したまま、眠ろうとしたので。

森の動物たちが、けけくんのへそをねらっている話をしました。

けけくんのへそは、えもいわれぬ香りがするんだって!

息子「えもいわれむ、ってなに?」む→ぬ

母「えもいわれぬ……なんともいえないいい香り! ってことだよ」

※以下、となりでヘソを出している息子へ話したおはなし、個人的な育児日記のような。

スポンサーリンク

もりのどうぶつたち

息子のぬいぐるみ、ダッフィー、リラックマ

もりのくまたちがやってきて、けけくんのヘソを見つけました。

「くんくん、とってもいいにおい。ひとつもらっていこう」

モギッ。

くまたちは、けけくんのヘソをもっていってしまいました。

「おいしそうだねぇ」

「たべようたべよう」

「あむぅ」

(と、とつじょ、母の語りに、けけ乱入し「パン! パン!」といい放つ。パン、パンとは銃の音なり)

ぱたり。

 

そこへ、くまばあさんがやってきました。

「ああ、ありがたい、ありがたい。いきて、けけくんのヘソを手にいれることがてきるとはねぇ」

くまばあさんはけけくんのヘソに手をあわせておがみました。

「じゃ、いただきます。あーん」

(と、とつじょ、母の語りに、けけ乱入し「パン! パン!」といい放つ。パン、パンとは銃の音なり)

ぱたり。

 

すると、ちいさなくまたちがあつまってきました。

「なんだか、いいにおいがするとおもったら、けけくんのへそだ!」

「くんくん」

「ぺろぺろ」

(と、とつじょ、母の語りに、けけ乱入し「パン! パン!」といい放つ。パン、パンとは銃の音なり)

ぱたり。

 

そのようすをじっと見ていたのは、たぬきです。

「あぶないあぶない。どうやら、あのけけのヘソってやつは、ワナだぞ。においにつられてヘソにちかづけば、とたんに撃たれちまうらしい。なんともいいにおいだが、手をだせば……いのちはない」

しかし、そのたぬきのよこをかけぬけていったのは、きつねです。

「ワナとわかっていようともッ、そこにけけくんのヘソがあるかぎりッ、たべずにはいられないッ!」

きつねはものすごいはやさで、けけくんのヘソに手をのばしました。

「よっしゃー」

(と、とつじょ、母の語りに、けけ乱入し「パン! パン!」といい放つ。パン、パンとは銃の音なり)

ぱたり。

ヘソは食べられたくない

母「けけくん、ヘソしまった?」

息子「しまった」

母「そっか。じゃあ、おやすみなさい」

母子、就寝す。

 

たとえ、おはなしのなかでも、自分のヘソがぬすまれて、食べられてしまうのはいやみたいです。

食べられても、また生えてくるんだよ、といったのですが。

 

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました