英検3級の2次試験合格しました、娘が。

勉強をしない中3娘、受験生 中学校のこと
中学生女子
スポンサーリンク

今年受験生の中3娘が、英検3級の2次試験に合格しました。

2次試験後、帰宅した中3娘はめちゃくちゃ不機嫌で。

試験官への怒りをいいつのっていたわけだが。

コロッと変わったね。

笑顔でデレた!

その一連の流れによる感情をぶつけられてきた40代母は、だんだん棒読みになっていったよねー、という話です。

スポンサーリンク

落ちた! 落ちた! とさんざんその口でいってましたよね?

ツバメノート A5 横罫

40代母「よかったねー」

40代母「合格おめでとう―」

中3娘「棒読み! ぜんぜん感情がこもってない!」

(だって、無理だから、もう無理だから!)

 

なんかね、もうね、そういうのを受けとめるの、かーちゃんツライ。

感情のふりはばに、もうついていけないの。

そんなふうに実の母(わたしのことである)が思うくらい、英検の2次試験を終えた直後の中3娘は不機嫌でした。

 

「あー、落ちた! ぜったい落ちた!」

「はやくて、ぜんぜん聞き取れない」

「1って書いてるのが見えた!」

 

またまたー、そんなこといって、受かってるんでしょ?

そう思っていた40代母でしたが、中3娘が試験内容をメタメタにこきおろしていたので、そーねー、ダメだったのかもね、という気分になっていました。

あー。

 

そういう思春期の感情を受け止めるのが、けっこう負担な40代母の性格です。

わたしの漢検合格のほうが先に結果がわかったものだから、ひかえめに「漢検2級合格したよ」って伝えたし。

もう、落ちたものとして、期待したり期待させたりしないようにしたし。

 

あー、やれやれです。

これで内申書に英検3級合格って書けるねッ!

たったこれだけのための、英検3級合格なのであります。

ふへー。

 

そして、想像するのは、中3娘の入試ですよ。

英検の2次試験以上に不機嫌な、怒りの中3娘が帰宅するわけですよね。

すでに、Vもぎに怒りをぶつけていた中3娘。

 

「Vもぎ、ほんとうにあてになるの? 過去問、ぜんぜんできなかった!」

(過去問を解いてみたら、30点くらいしか取れなかった中3娘、怒りの発言)

 

いやー。

想像するだにおそろしい、とはこのことか。

そんな中3娘をさ、わたしが受けとめるわけじゃない?

この40代母がなァ。

そう思うと、いまからわたしは心を落ちつけて、平常心でその日をむかえなければならぬ、と思うのね。

そんなわけで、今週は3者面談が待っているんですよねー。

いよいよ受験生のいる家庭っぽくなってまいりました。

 

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました