粘土セットにサヨナラできそうな気がします。

粘土、ねんどイメージ 小学校のこと
スポンサーリンク

小3で書道セット、小4で彫刻刀セット。

そして、小5は裁縫セットなのだなァ。

そんなこんなで、いよいよ粘土セットとはお別れできる気がしました。

小3、小4と2年間、息子のかよう小学校では粘土を使わなかったからです。

スポンサーリンク

捨てどきがわからない学用品

粘土、ねんどイメージ

学用品って、捨てどきがわからなくて正直こまります。

たしか、粘土セットはゴミ袋に放り込んでみたら、まだ使うといわれて、あわてて拾い上げた記憶があります。

それが、息子が小2のおわり。

もしかして小3でも粘土セットを使うのか?

そう思って保管しておいたまま、もう2年が過ぎました。

小4の1年間は粘土のことなんてすっかり忘れていましたよん。

もう、いいよね? 捨てるよ?

粘土板は夫が趣味で使うというから、そちらへ。

そして、粘土ケースと粘土ヘラを念のために取っておいた2年間!

2年間、とうとう粘土を使いませんでした。

つまり、もう小学校で粘土は使わないね? ね? ね?

ということで、見きわめのむずかしい学用品の捨て活です。

とはいえ、粘土そのものは捨てていたし、粘土ケースと粘土ヘラだけの問題でした。

だって、粘土セットは100円ショップでも気軽に買えるわけです。

だから、去年の時点で捨てちゃってもよかったはずー。

それなのに捨てられなかったのは、もし使うってことになったときに「捨てなきゃよかった!」って思いたくない、ってことでしょうか。

あと、息子に「え? 捨てちゃったの? また買うの?」といわれたくない。

ヤメテ、そんな目で見ないで、といううしろめたさ、のような。

そんなこんなを想像して捨てられないスパイラルにおちいる40代母です。

でも、もう、捨ててよさそうだぞ。

毎度のことながら、小学校からはもう使いませんよ報告がないので、学用品の捨て活は自己判断になるわけですけど。

小5息子に確認してから捨てるけど、すんなり捨てるか「ちょっとまって」となるか。

見れば、からっぽの粘土ケースに粘土ヘラセットが入っていて、もうすっかり捨てる準備はできているのだ、という状態でした。

やれやれ。

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました